OPEN MENU

MENU

おだいどころ虎の巻#2井口さん流“らくうま料理”のコツ

2020/08/27

SHARE

食べるって楽しい!おいしく食べて、健康に過ごせたら幸せ♪「AJINOMOTO PARK」では、そんな気持ちに寄り添いたいという思いから、食に関するお役立ち情報や気づきを求め、さまざまな料理家さんとともに活動しています。

忙しい毎日、お料理はできれば効率的に、無駄なくこなしたいもの。「おだいどころ⻁の巻」では、いつもキッチンに立つみなさんのそんな切実な思いにこたえるとっておきのアイデアを、その道のプロや賢者に伺います。

今回ご登場いただくのは、化粧品メーカーに勤務しながら、フードスタイリスト・料理家としてもご活躍中の井口タクトさん。Instagramで話題の手軽でおいしい“らくうま飯”を作るコツを教えてもらいました。

インタビューした人

らくうま料理家

井口 タクトさん

1990年、京都府出まれ。化粧品メーカーに正社員として勤務するかたわら、フードスタイリスト・料理家として活動。SNSに投稿している“らくうま飯”が注目を集め、料理教室の講師やレシピ開発なども手がける。
@ouchigohan_ojisan
らくうまチャンネル

  1. 料理の原点はボランティア!楽しく作る&食べる幸せを共有したい
  2. 其ノ一 下味は前日夜に塗るだけ、具材は大きめカット
  3. 其ノ二 パスタソースはワンボウルで完結

01
料理の原点はボランティア!楽しく作る&食べる幸せを共有したい

井口さんが料理家として活動するようになった原点は、大学生のころに参加した、東日本大震災の被災地ボランティア活動にあるといいます。

「料理をすることで力になれればと、避難所での炊き出しボランティアに参加しました。現地の様子は過酷なもので、元気をなくしてしまっている方も多くいらっしゃったんですが、ごはんを作っていると、どこからともなく人が集まっていらして。献立の話などしているうちに、みなさんの顔に笑みが戻ってくるんです」

このときの体験がきっかけとなり、食の「偉大さ」を実感した井口さん。以来、「食で幸せを作りたい」をテーマに料理家としての活動を続けています。

「“らくうま料理”を発信しているのは、見ている人に自分もやってみようと思ってほしいから。料理をするなかで一番幸せを感じる瞬間って、できあがった料理を食べるときだと思うんです。自分で作って食べる幸せ、食べてもらう幸せをひとりでも多くの方に知ってもらえたらうれしいなあと」

02
其ノ一 下味は前日夜に塗るだけ、具材は大きめカット

「朝からおいしいごはんを食べたら、その日のモチベーションがぐっとあがりませんか」

そう話す井口さんが提案してくれた朝ごはんは、十穀米のご飯と、かぼちゃとお揚げのおみそ汁、そして鮭の西京焼き。

「本当に簡単なの?って疑いたくなると思いますが、全部合わせても10分もかからずにできるんですよ」

「西京焼きは、前日のうちにみそだれを塗って冷蔵庫に。朝は焼くだけでOKです。このときの“らくうま”ポイントは、漬けるのではなく、塗るということですね。漬けると聞くとハードルが高いと感じてしまう方もいるかもしれませんが、塗るだけならやってみてもいいかな、という気持ちになれるかと思って」

「おみそ汁を簡単においしく作るポイントは、具材を大きめに切ること。切る手間が少なくて済むから時短につながる上に、具材の味をしっかり楽しめます」

「今回使ったかぼちゃに関しては、煮ると時間がかかってしまうので、お水を少し入れたお皿にのせてレンジにかけました。電子レンジは自炊を簡単にしてくれる強い味方ですね」

03
其ノ二 パスタソースはワンボウルで完結

数ある得意料理のひとつ、パスタは、ワンボウルで完結させるのが井口さん流の“らくうま”ポイント。

「パスタをゆでているあいだに、ボウルですべての具材を混ぜておくんです」

そう話しながら、手早い作業で、生クリームとブラックペッパー、たらこを混ぜて「たらこパスタ」を作ってくださいました。

「パスタがゆであがったら、そこへパスタを直接イン。そのままトングで混ぜ合わせるだけなので、洗いものも減らせておすすめです」と井口さん。

「お皿に盛りつけたら、あとはお好みでトッピングして完成です!材料が少なめで、手間もそれほどかからないのに、パスタソースを使うよりも断然おいしいですよ」

井口さんの“らくうま”料理のポイントは、手数や使用する道具を減らすことで時短を実現すること。

また、使用する調味料はたった2〜3種類。しかも、しょうゆ、塩、砂糖、こしょう、顆粒だし、みそなど、どれも身近にあるものばかりなのも印象的でした。

その理由について井口さんに伺うと「いくら写真を見ておいしそうだと思っていただいたとしても、たとえば材料のなかに聞いたことのない香辛料があったら、それだけで作る気なくしちゃうと思うんですよね。料理は気軽に楽しんでもらえるといいですよね」と明るい笑顔で話してくださいました。

どの家庭にもあるシンプルな調味料だけで、簡単においしく、しかも楽しみながらできる井口流“らくうま料理”。ぜひ、お試しあれ!

SHARE

関連キーワード

あわせてチェック

ランキング

会員登録でもっと便利に

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。