料理区分
ジャンル
調理法
人数

今月の簡単・裏ワザ・使いきりコーナーは 冷凍テクニックを活用して簡単おかず!

食材が半端に残ってしまったら、冷凍保存してしまいましょう!
おいしさがキープできるし、いざという時にとっても便利。
「冷凍おかず」は、下ごしらえした食材と調味料を一緒に保存袋に入れてしまうので、調理が簡単!
夕飯にも大活躍です。まずは「冷凍おかず」のポイントを紹介します☆

肉と野菜は交互に入れる
肉がかたまらないように、野菜と交互に層になるように入れます。調味料を入れたら、袋を傾けて全体に行き渡るようになじませましょう。
保存袋はフライパンに入るくらいの大きさのものを用意しましょう。
空気をしっかり抜く
保存袋のジッパーを半分ほど閉めたら、水をはったボウルに入れます。中の空気を押し出すようにして空気を抜いたら、密閉します。
水圧でしっかり空気を抜くことができます。冷凍野菜の場合も同様にして空気を抜きます。
平らにならして冷凍する
冷凍する前に平らにならしましょう。調理した時、均一に加熱できます。
金属製のバットの上ののせて冷凍するのがコツ。熱が伝わりやすいので、急速に冷凍できます。
凍ったまま調理する
凍ったままフライパンなどに入れたら、フタをしてまずは解凍。周りから火が通ってくるので、まんべんなく加熱しましょう。
冷凍した保存袋の表面を水でぬらすと、中身が取り出しやすくなります。
おいしさのポイント!
  • 保存は2週間以内を目安に食べきりましょう。保存した日を袋に書いておくと、便利です。
  • 冷凍おかずは、メインの食材を代えてもOKです。
  • 凍ったまま加熱するのが、おいしく仕上げるコツです。
  • 冷凍野菜は調理しやすい大きさに切ったりして、下ごしらえしたものを冷凍しましょう。

食材と調味料を合わせて袋へ!冷凍おかず

この特集を見ている方は、こんな特集も見ています