料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科
  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • 筋肉量UP

    現在、膝の靭帯を怪我していてあまり運動量が多くありません。ですが筋肉量を上げたいです。でも、カロリーが高すぎたりする食事はなるべく避けたいです。ヘルシーかつ、タンパク質豊富なレシピを知りたいです。

  • からすがれい煮つけ出来ました

     質問ではありません、調理方法のお礼です。  ようやく、からすがれい購入で出来ました。 以前藤壺さま、SLK350さまから、煮つけ方の御指南頂いた様に作ったところ、百貨店の地下売場の味とそれほど遜色ない仕上がりになりました。有難うございました。  これからは、酒、しょうゆ、みりん等の比率を参考にして、今まで貧弱な献立のレパートリーを少しづつ増やしていきます。

  • 美味しいチャーハンの作り方

    う~んとうなずく程旨いチャーハンの作り方を教えて下さい、!

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!

自家製ソーセージ レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

自家製ソーセージ
調理時間
エネルギー
465kcal
塩分
1g
野菜摂取量
22g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

自家製ソーセージの作り方

(1)羊腸は水に30分ほどつけてもどし、中に流水を通して広げる。

(2)専用の口金に油を薄く塗り、絞り出し袋にセットする。腸のすべてをひだに寄せるようにキュッと口金の長い部分にセットし、最後の端は結んで閉じる。

(3)豚バラ肉、豚の背脂はひと口大に切り、フードプロセッサーに入れ、Aを加えてペースト状にする。

(4)(3)を(2)の袋に詰め、腸の中にしぼり出す。口金にセットした腸を少しずつ引っ張ってのばしながら八分目まで詰め、最後は腸の端を結ぶ。

(5)(4)の真ん中をねじって結ぶ。結び目を持ち、上から1/4くらいの長さのところで、両サイドの2本をねじり合わせ、ほどけない様に、上の輪に一方の端をくぐらせる。

(6)(5)をくり返し、8本のソーセージに形作る。

(7)ゆでたとき破裂しないように、(6)に数ヶ所ずつ針で突いて小さな穴をあける。

(8)鍋に80℃の湯を沸かし、(7)を入れ、80℃を保ちながら15分ほどゆでる。グラグラ煮立てるとソーセージが破裂することがあるので注意する。

(9)(8)のソーセージの水気をきり、結び目から切り分ける。フライパンにオリーブオイルを熱してソーセージをこんがりと炒め、器に盛り、粒マスタードを添える。

*Aのパセリをすりおろした山いも大さじ3にかえると、風味の違う白っぽいソーセージに。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

41

コメント

2件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

関連特集

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 436件

おうちでピザ、つくる?
  • A.つくる!

    A
  • B.つくらないなぁ

    B

募集期間: 2017年11月15日 〜 2017年12月06日

コメントを見る

おうちでピザ、つくる?
自家製ソーセージ レシピ
自家製ソーセージ
調理時間
エネルギー
465kcal
塩分
1g
野菜摂取量
22g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
ソーセージ用羊腸 200cm
「AJINOMOTO サラダ油」商品ページへ 適量
豚バラ肉 300g
豚の背脂 50g
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ2/3
おろし玉ねぎ 70g
おろしにんにく 1片分
パセリのみじん切り 大さじ3
白こしょう 小さじ1
ガーリックパウダー 小さじ1
粉しょうが 小さじ1
ドライセージ 小さじ1
オールスパイス 小さじ1
「AJINOMOTO オリーブオイル」商品ページへ 適量
粒マスタード 適量

材料クリックで 3 Smile

自家製ソーセージの作り方
  1. (1)羊腸は水に30分ほどつけてもどし、中に流水を通して広げる。
  2. (2)専用の口金に油を薄く塗り、絞り出し袋にセットする。腸のすべてをひだに寄せるようにキュッと口金の長い部分にセットし、最後の端は結んで閉じる。
  3. (3)豚バラ肉、豚の背脂はひと口大に切り、フードプロセッサーに入れ、Aを加えてペースト状にする。
  4. (4)(3)を(2)の袋に詰め、腸の中にしぼり出す。口金にセットした腸を少しずつ引っ張ってのばしながら八分目まで詰め、最後は腸の端を結ぶ。
  5. (5)(4)の真ん中をねじって結ぶ。結び目を持ち、上から1/4くらいの長さのところで、両サイドの2本をねじり合わせ、ほどけない様に、上の輪に一方の端をくぐらせる。
  6. (6)(5)をくり返し、8本のソーセージに形作る。
  7. (7)ゆでたとき破裂しないように、(6)に数ヶ所ずつ針で突いて小さな穴をあける。
  8. (8)鍋に80℃の湯を沸かし、(7)を入れ、80℃を保ちながら15分ほどゆでる。グラグラ煮立てるとソーセージが破裂することがあるので注意する。
  9. (9)(8)のソーセージの水気をきり、結び目から切り分ける。フライパンにオリーブオイルを熱してソーセージをこんがりと炒め、器に盛り、粒マスタードを添える。
  10. *Aのパセリをすりおろした山いも大さじ3にかえると、風味の違う白っぽいソーセージに。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

41

コメント

2件のコメントがあります。

コメントする
自家製ソーセージ へのコメント

時間があるときに挑戦してみたいです。

はちろうさん

グッド!

0

パリッとしていておいしそうですね。

ムキムキさん

グッド!

0

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。