料理区分
ジャンル
調理法
人数
  • やってみ!丸鶏そうめん 作って!写して!キャンペーン

きのこと栗の中華風おこわ レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

きのこと栗の中華風おこわ
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
471kcal
塩分
1.1g
野菜摂取量
26g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(4人分

もち米 2合
豚ひき肉 100g
まいたけ 1/2パック(50g)
ほんしめじ 1/2パック(50g)
しいたけ 2個(30g)
にんじん 1/3本(50g)
ゆでたけのこ 1/6個(50g)
むき甘栗 80g
しょうがのみじん切り 小さじ1
「丸鶏がらスープ」商品ページへ 小さじ2
1・1/2カップ
大さじ2
しょうゆ 小さじ2
砂糖 小さじ2
「AJINOMOTO ごま油好きのごま油」商品ページへ 大さじ2

きのこと栗の中華風おこわの作り方

(1)もち米は洗い、ザルに上げて水気をきり、30分おく(時間外)。

(2)まいたけ、しめじは小房に分ける。しいたけ、にんじん、たけのこはそれぞれは5mm角に切る。

(3)フライパンにごま油を熱し、豚ひき肉、しょうがを炒める。肉の色が変わったら、(2)のにんじん・たけのこを加え、火が通るまでサッと炒める。(2)のまいたけ・しめじ・しいたけを加えてサッと炒め、(1)のもち米を加えてさらに炒める。

(4)炊飯器に(3)を入れ、「丸鶏がらスープ」、Aを加えて混ぜ合わせ、むき甘栗をのせて炊く(時間外)。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

180

コメント

9件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

もち米を使ったレシピ

笹の葉で包んでちまき風に♪「丸鶏がらスープ」がおいしさのポイント!

もっと見る

「丸鶏がらスープ」のご紹介

「丸鶏がらスープ」を使ったレシピはこちら!

意外と知らない?!「丸鶏がらスープ」の活用法。 あっさりとしているのにコ...

関連特集

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 1,560件

どっちの夏野菜を食べたい?
  • A.ゴーヤ

    A
  • B.トマト

    B

募集期間: 2017年08月09日 〜 2017年08月23日

コメントを見る

どっちの夏野菜を食べたい?
きのこと栗の中華風おこわ レシピ
きのこと栗の中華風おこわ
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
471kcal
塩分
1.1g
野菜摂取量
26g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
もち米 2合
豚ひき肉 100g
まいたけ 1/2パック(50g)
ほんしめじ 1/2パック(50g)
しいたけ 2個(30g)
にんじん 1/3本(50g)
ゆでたけのこ 1/6個(50g)
むき甘栗 80g
しょうがのみじん切り 小さじ1
「丸鶏がらスープ」商品ページへ 小さじ2
1・1/2カップ
大さじ2
しょうゆ 小さじ2
砂糖 小さじ2
「AJINOMOTO ごま油好きのごま油」商品ページへ 大さじ2

材料クリックで 3 Smile

きのこと栗の中華風おこわの作り方
  1. (1)もち米は洗い、ザルに上げて水気をきり、30分おく(時間外)。
  2. (2)まいたけ、しめじは小房に分ける。しいたけ、にんじん、たけのこはそれぞれは5mm角に切る。
  3. (3)フライパンにごま油を熱し、豚ひき肉、しょうがを炒める。肉の色が変わったら、(2)のにんじん・たけのこを加え、火が通るまでサッと炒める。(2)のまいたけ・しめじ・しいたけを加えてサッと炒め、(1)のもち米を加えてさらに炒める。
  4. (4)炊飯器に(3)を入れ、「丸鶏がらスープ」、Aを加えて混ぜ合わせ、むき甘栗をのせて炊く(時間外)。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

180

コメント

9件のコメントがあります。

コメントする
きのこと栗の中華風おこわ へのコメント

買うと高いので家で挑戦です。

ききムキムキさん

グッド!

0

栗と中華おこわのコラボは 最高でしょうね。

クノールえびーなさん

グッド!

1

おこわは食欲が増しますね。子供が喜んでおかわりしてくれるのがうれしいです。

クマさん49さん

グッド!

3

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。