OPEN MENU

MENU

しめさばと焼き野菜のおろしあえの献立

献立 35分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 712 kcal
  • ・塩分 4.4 g
  • ・たんぱく質 33.9 g
  • ・野菜摂取量※ 183 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

しめさばと焼き野菜のおろしあえ

10分

材料(2人分)

しめさば
100g
まいたけ
1パック
グリーンアスパラガス
1束
大根おろし
1カップ
大さじ1・1/2
「パルスイート カロリーゼロ」
小さじ1/4
「瀬戸のほんじお」
小さじ1/4
うま味調味料「味の素®」
少々
「瀬戸のほんじお」
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    しめさばは3mm幅に切る。まいたけは大まかにほぐす。
  2. 2

    焼き網で(1)のまいたけ、アスパラをしんなりとなるまで焼き、
    塩をふり、冷まして食べやすい大きさに切る。
  3. 3

    大根おろしはザルに入れ、上から軽く押して水気をきる。
    ボウルに大根おろし、Aを入れて混ぜ合わせる。
  4. 4

    (1)のしめさば、(2)のまいたけ・アスパラを(3)であえる。

「しめさばと焼き野菜のおろしあえ」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー184kcal
  • ・塩分1.7 g
  • ・たんぱく質11.9 g
  • ・野菜摂取量※100 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

豚チャーシュー炒飯

25分

材料(4人分)

ご飯
700g
溶き卵
2個分
ねぎの小口切り
60g
レタス
4枚
「AJINOMOTO サラダ油」
大さじ1
【「スチーミー」で作る豚チャーシュー】
豚肩ロースかたまり肉
250g
「スチーミー」豚チャーシュー用
1袋

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    「スチーミー」豚チャーシュー用で作った豚チャーシューはサイコロ状に切り、ソースはとっておく。レタスは3cm角くらいに切る。
  2. 2

    フライパンに油を熱し、溶き卵を入れ、半熟状になったら、ご飯を加えて炒める。
  3. 3

    ご飯がパラパラになってきたら、(1)の豚チャーシュー・とっておいたソース、ねぎを加えてさらに炒め、最後に(1)のレタスを加えてサッと炒め合わせる。
  4. 【「スチーミー」豚チャーシュー用の作り方】
  5. [1]豚肉は両面にフォークで10ヵ所くらい穴をあけ、半分に切る。
  6. [2]「スチーミー」はパウチの上部を切ってジッパーを開ける。[1]の豚肉を加えてジッパーをしっかり閉め、1分ほど強くもみ込む。
  7. [3]耐熱皿に[2]の「スチーミー」のパウチを蒸気吹出口が上になるようにのせ、電子レンジ(600W)で8分加熱する。電子レンジの中で5分ほど蒸らし、耐熱皿ごと取り出す。
  8. [4]「ここを持つ」と表示された部分を持ち、パウチ内の蒸気に注意しながら、ジッパーをゆっくり開ける。トングを使って豚肉を取り出す。
  9. *「スチーミー」で作る豚チャーシューは豚バラかたまり肉でもおいしくお作りいただけます。
  10. *電子レンジ(500W)を使用の場合は9分30秒加熱してください。

「豚チャーシュー炒飯」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー501kcal
  • ・塩分1.2 g
  • ・たんぱく質20.1 g
  • ・野菜摂取量※45 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

春キャベツのみそ汁

5分

材料(4人分)

春キャベツ
3枚
3カップ
「ほんだし」
小さじ山盛り1
みそ
大さじ2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    鍋にAを入れて火にかけ、煮立ったら、キャベツをひと口大にちぎりながら加えてサッと煮る。
  2. 2

    みそを溶き入れ、ひと煮立ちさせる。

「春キャベツのみそ汁」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー27kcal
  • ・塩分1.5 g
  • ・たんぱく質1.9 g
  • ・野菜摂取量※38 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。