桜もち(関東風)

プリント
調理時間 30

栄養情報 (1個分)
  • ・エネルギー 92 kcal
  • ・たんぱく質 1.9 g
  • ・塩分 0.3 g
  • ・野菜摂取量 0 g

材料 (10個分)

白玉粉
10g
A小麦粉
90g
A砂糖
5g
1カップ
練りあん・市販品
200g
桜の葉の塩漬け
10枚
「AJINOMOTO 胚芽の恵みコーン油」
適量

つくり方

  1. 1

    白玉粉に少しずつ水を入れて溶かし、Aを加えて全体を十分に混ぜ溶かす。
  2. 2

    練りあんを10等分し、丸める。
  3. 3

    桜の葉の塩漬けは水に漬け、軽く塩抜きをする。
  4. 4

    フライパンに油を薄く敷き、玉じゃくしに(1)のタネの1/10量を取って
    楕円形に薄くのばして弱火で焼き、裏返して少し焼く。同様に残りで9枚も焼き、
    計10枚の皮を作る。
  5. 5

    (2)のあんを(4)の皮で包み、水気を拭いた(3)の桜の葉を巻く。
  6. <和菓子屋などでおなじみの道明寺粉の桜もちの作り方>
    [1]道明寺粉は洗って水でふやかして蒸し、水と砂糖を煮て作ったシロップに漬け、
      シロップを吸収させ、シロップに食紅少々を溶き混ぜれば、皮はピンク色になる。
  7. [2]この皮であんを包み、桜の葉を巻く。



レシピ提供:味の素㈱

練りあん
を使ったレシピ

(1件)
pagetop
クリップ機能
について

クリップは、お気に入りのレシピを保存できる機能です。AJINOMOTO PARK会員の方はご利用いただけます。ログイン後にクリップしたレシピは、PCとスマートフォンなど異なる環境でアクセスをしても、ご覧いただくことができます。