料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

するめいか レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • ダニがわく調味料

    一般に粉もの、お菓子などダニがわきやすい食品は冷蔵庫に保存しますが、調味料で一味などもダニが湧くと聞きました。 ほかの調味料なども気になり調べましたが、わからないものがたくさんあり、詳しい方、教えて下さい。 塩、ニンニク粉、コーヒー粉、ジンジャーパウダー、玉ねぎパウダー、胡椒などはどうでしょうか?よろしくお願いします。

  • バターナッツかぼちゃ

    バターナッツかぼちゃのおいしい食べ方はスープ以外では何がありますか?レシピもあればよろしくお願いします。

  • お盆に主人の家族が全員揃います。

    毎年お盆になると主人の兄夫婦か弟夫婦(子供あり)が帰省します。今まではどちらかづつでしたが今年は2家族が揃うので全員で12人居ます。人数が人数なので料理か飲み物を持っていこうと思ったのですが義母は手ぶらでいいと言います。どうしたらいいでしょうか? 私としては子供が好きそうなオードブルを盛り付けて持っていこうと思ってました。去年余り子供の好きなメニューがなかったので・・・。ちなみに去年も義母からは断られました。 アドバイスよろしくお願いします。

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!

いか飯 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

いか飯
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
337kcal
塩分
4.1g
野菜摂取量
14g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(4人分

するめいか・250~300gのもの 4杯
もち米 1カップ
ごぼう 60g
「ほんだし」商品ページへ 大さじ1
4カップ
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ2
大さじ1
おろししょうが 適量

いか飯の作り方

(1)もち米はよく洗って1時間浸水させ(時間外)、ザルに上げて水気をきる。

(2)いかは内臓と足、軟骨を抜いてきれいに洗い、水気を拭き取る。フライパンでサッとからいりし、胴を開けて米を入れやすくする。

(3)ごぼうはみじん切りにし、水につけてアクを抜いて、(1)のもち米と「ほんだし」小さじ1とよく混ぜ合わせる。

(4)(2)のいかの中に(3)を胴の6割分入れ、胴の口をつま楊枝で留める。

(5)鍋にAと「ほんだし」小さじ2を入れて火にかけ、煮立ったら(4)を並べ入れて落としぶたをして、いかがしっかり煮汁につかるようにし、中火で40~50分煮る。

(6)汁が少なくなってきたら、いかを一度取り出し、汁だけ煮詰め、再びいかを戻し入れて汁をからめる。(汁が多いようなら水溶き片栗粉でとろみをつける。)

(7)1cm幅の輪切りにして器に盛り、(6)のたれをかけ、おろししょうがを添える。

*北海道の郷土料理

*ゲソを一緒に煮てもよいでしょう。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

140

コメント

6件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

するめいかを使ったレシピ

いかとトマトの相性◎コンソメが味の決め手!

もっと見る

「ほんだし」のご紹介

「ほんだし」を使ったレシピはこちら!

”野菜のだし煮”は、ほうれん草、大根、アスパラ、にんじんなど好みの野菜を「...

関連特集

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 1,933件

どっちの夏野菜を食べたい?
  • A.ゴーヤ

    A
  • B.トマト

    B

募集期間: 2017年08月09日 〜 2017年08月23日

コメントを見る

どっちの夏野菜を食べたい?
いか飯 レシピ
いか飯
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
337kcal
塩分
4.1g
野菜摂取量
14g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
するめいか・250~300gのもの 4杯
もち米 1カップ
ごぼう 60g
「ほんだし」商品ページへ 大さじ1
4カップ
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ2
大さじ1
おろししょうが 適量

材料クリックで 3 Smile

いか飯の作り方
  1. (1)もち米はよく洗って1時間浸水させ(時間外)、ザルに上げて水気をきる。
  2. (2)いかは内臓と足、軟骨を抜いてきれいに洗い、水気を拭き取る。フライパンでサッとからいりし、胴を開けて米を入れやすくする。
  3. (3)ごぼうはみじん切りにし、水につけてアクを抜いて、(1)のもち米と「ほんだし」小さじ1とよく混ぜ合わせる。
  4. (4)(2)のいかの中に(3)を胴の6割分入れ、胴の口をつま楊枝で留める。
  5. (5)鍋にAと「ほんだし」小さじ2を入れて火にかけ、煮立ったら(4)を並べ入れて落としぶたをして、いかがしっかり煮汁につかるようにし、中火で40~50分煮る。
  6. (6)汁が少なくなってきたら、いかを一度取り出し、汁だけ煮詰め、再びいかを戻し入れて汁をからめる。(汁が多いようなら水溶き片栗粉でとろみをつける。)
  7. (7)1cm幅の輪切りにして器に盛り、(6)のたれをかけ、おろししょうがを添える。
  8. *北海道の郷土料理
  9. *ゲソを一緒に煮てもよいでしょう。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

140

コメント

6件のコメントがあります。

コメントする
いか飯 へのコメント

おいしいですよね。圧力鍋で作ってみました。

「AJINOMOTO PARK会員」さん

グッド!

2

レシピコメント

いかめしで~す。  レシピどおり 完璧です。
味・・・美味しいで~す。。
またまた・・・つくります。

結来さん

グッド!

2

家でいか飯が出来たら 感激ですね。

クノールえびーなさん

グッド!

1

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。