料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

するめいか レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • 筋肉量UP

    現在、膝の靭帯を怪我していてあまり運動量が多くありません。ですが筋肉量を上げたいです。でも、カロリーが高すぎたりする食事はなるべく避けたいです。ヘルシーかつ、タンパク質豊富なレシピを知りたいです。

  • 美味しいチャーハンの作り方

    う~んとうなずく程旨いチャーハンの作り方を教えて下さい、!

  • からすがれい煮つけ出来ました

     質問ではありません、調理方法のお礼です。  ようやく、からすがれい購入で出来ました。 以前藤壺さま、SLK350さまから、煮つけ方の御指南頂いた様に作ったところ、百貨店の地下売場の味とそれほど遜色ない仕上がりになりました。有難うございました。  これからは、酒、しょうゆ、みりん等の比率を参考にして、今まで貧弱な献立のレパートリーを少しづつ増やしていきます。

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!

いか飯 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

やわらか~く煮た、いかのうま味がモチモチごはんにしみ込む◎

いか飯
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
337kcal
塩分
4.1g
野菜摂取量
14g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(4人分

するめいか・250~300gのもの 4杯
もち米 1カップ
ごぼう 60g
「ほんだし」商品ページへ 大さじ1
4カップ
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ2
大さじ1
おろししょうが 適量

いか飯の作り方

(1)もち米はよく洗って1時間浸水させ(時間外)、ザルに上げて水気をきる。

(2)いかは内臓と足、軟骨を抜いてきれいに洗い、水気を拭き取る。フライパンでサッとからいりし、胴を開けて米を入れやすくする。

(3)ごぼうはみじん切りにし、水につけてアクを抜いて、(1)のもち米と「ほんだし」小さじ1とよく混ぜ合わせる。

(4)(2)のいかの中に(3)を胴の6割分入れ、胴の口をつま楊枝で留める。

(5)鍋にAと「ほんだし」小さじ2を入れて火にかけ、煮立ったら(4)を並べ入れて落としぶたをして、いかがしっかり煮汁につかるようにし、中火で40~50分煮る。

(6)汁が少なくなってきたら、いかを一度取り出し、汁だけ煮詰め、再びいかを戻し入れて汁をからめる。(汁が多いようなら水溶き片栗粉でとろみをつける。)

(7)1cm幅の輪切りにして器に盛り、(6)のたれをかけ、おろししょうがを添える。

*北海道の郷土料理

*ゲソを一緒に煮てもよいでしょう。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

142

コメント

6件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

するめいかを使ったレシピ

いかとトマトの相性◎コンソメが味の決め手!

もっと見る

「ほんだし」のご紹介

「ほんだし」を使ったレシピはこちら!

”野菜のだし煮”は、ほうれん草、大根、アスパラ、にんじんなど好みの野菜を「...

関連特集

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 852件

おうちでピザ、つくる?
  • A.つくる!

    A
  • B.つくらないなぁ

    B

募集期間: 2017年11月15日 〜 2017年12月06日

コメントを見る

おうちでピザ、つくる?
いか飯 レシピ
いか飯
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
337kcal
塩分
4.1g
野菜摂取量
14g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
するめいか・250~300gのもの 4杯
もち米 1カップ
ごぼう 60g
「ほんだし」商品ページへ 大さじ1
4カップ
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ2
大さじ1
おろししょうが 適量

材料クリックで 3 Smile

いか飯の作り方
  1. (1)もち米はよく洗って1時間浸水させ(時間外)、ザルに上げて水気をきる。
  2. (2)いかは内臓と足、軟骨を抜いてきれいに洗い、水気を拭き取る。フライパンでサッとからいりし、胴を開けて米を入れやすくする。
  3. (3)ごぼうはみじん切りにし、水につけてアクを抜いて、(1)のもち米と「ほんだし」小さじ1とよく混ぜ合わせる。
  4. (4)(2)のいかの中に(3)を胴の6割分入れ、胴の口をつま楊枝で留める。
  5. (5)鍋にAと「ほんだし」小さじ2を入れて火にかけ、煮立ったら(4)を並べ入れて落としぶたをして、いかがしっかり煮汁につかるようにし、中火で40~50分煮る。
  6. (6)汁が少なくなってきたら、いかを一度取り出し、汁だけ煮詰め、再びいかを戻し入れて汁をからめる。(汁が多いようなら水溶き片栗粉でとろみをつける。)
  7. (7)1cm幅の輪切りにして器に盛り、(6)のたれをかけ、おろししょうがを添える。
  8. *北海道の郷土料理
  9. *ゲソを一緒に煮てもよいでしょう。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

142

コメント

6件のコメントがあります。

コメントする
いか飯 へのコメント

おいしいですよね。圧力鍋で作ってみました。

「AJINOMOTO PARK会員」さん

グッド!

3

レシピコメント

いかめしで~す。  レシピどおり 完璧です。
味・・・美味しいで~す。。
またまた・・・つくります。

結来さん

グッド!

2

家でいか飯が出来たら 感激ですね。

クノールえびーなさん

グッド!

2

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。