料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

豚バラ薄切り肉 レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • 筋肉量UP

    現在、膝の靭帯を怪我していてあまり運動量が多くありません。ですが筋肉量を上げたいです。でも、カロリーが高すぎたりする食事はなるべく避けたいです。ヘルシーかつ、タンパク質豊富なレシピを知りたいです。

  • からすがれい煮つけ出来ました

     質問ではありません、調理方法のお礼です。  ようやく、からすがれい購入で出来ました。 以前藤壺さま、SLK350さまから、煮つけ方の御指南頂いた様に作ったところ、百貨店の地下売場の味とそれほど遜色ない仕上がりになりました。有難うございました。  これからは、酒、しょうゆ、みりん等の比率を参考にして、今まで貧弱な献立のレパートリーを少しづつ増やしていきます。

  • 美味しいチャーハンの作り方

    う~んとうなずく程旨いチャーハンの作り方を教えて下さい、!

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!

豚肉と水菜のとろろ鍋 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

豚肉と水菜のとろろ鍋
調理時間
エネルギー
297kcal
塩分
1.6g
野菜摂取量
43g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

調理時間10分

材料(4人分

豚バラ薄切り肉 250g
水菜 1束(200g)
長いも 200g
「ほんだし」商品ページへ 大さじ1
5カップ
大さじ2
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/2
粗びき黒こしょう 適量
レモン 1/2個

豚肉と水菜のとろろ鍋の作り方

(1)豚肉は8cm長さ、水菜は4cm長さに切る。長いもはすりおろす。レモンはくし形に切る。

(2)鍋に「ほんだし」、Aを入れて煮立て、(1)の長いもを加える。とろみがついたら、(1)の豚肉・水菜を加えて煮る。粗びき黒こしょうをふって取り分け、(1)のレモンをしぼっていただく。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

149

コメント

16件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

豚バラ薄切り肉を使ったレシピ

重ね鍋にチーズをのせておしゃれにアレンジ♪とろ~りチーズがたまらない!

もっと見る

「ほんだし」のご紹介

「ほんだし」を使ったレシピはこちら!

”野菜のだし煮”は、ほうれん草、大根、アスパラ、にんじんなど好みの野菜を「...

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 469件

おうちでピザ、つくる?
  • A.つくる!

    A
  • B.つくらないなぁ

    B

募集期間: 2017年11月15日 〜 2017年12月06日

コメントを見る

おうちでピザ、つくる?
豚肉と水菜のとろろ鍋 レシピ
豚肉と水菜のとろろ鍋
調理時間
エネルギー
297kcal
塩分
1.6g
野菜摂取量
43g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
豚バラ薄切り肉 250g
水菜 1束(200g)
長いも 200g
「ほんだし」商品ページへ 大さじ1
5カップ
大さじ2
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/2
粗びき黒こしょう 適量
レモン 1/2個

材料クリックで 3 Smile

豚肉と水菜のとろろ鍋の作り方
  1. (1)豚肉は8cm長さ、水菜は4cm長さに切る。長いもはすりおろす。レモンはくし形に切る。
  2. (2)鍋に「ほんだし」、Aを入れて煮立て、(1)の長いもを加える。とろみがついたら、(1)の豚肉・水菜を加えて煮る。粗びき黒こしょうをふって取り分け、(1)のレモンをしぼっていただく。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

149

コメント

16件のコメントがあります。

コメントする
豚肉と水菜のとろろ鍋 へのコメント

トロトロで体が温まりますね♪作ってみます。

銀杏さん

グッド!

0

長イモをお鍋に入れたことはないので入れてみようと思います(*^_^*)

まるたそさん

グッド!

1

素早くできて美味しそう。是非作ってみたいです。

絵夢さん

グッド!

1

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。