料理区分
ジャンル
調理法
人数

大根おろしアート☆「アジパンダ」と重ね鍋 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

大根おろしアート☆「アジパンダ」と重ね鍋
調理時間
エネルギー
361kcal
塩分
3g
野菜摂取量
317g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(4人分

白菜 1/2株
豚バラ薄切り肉 300g
大根 1/4本(300g)
「味の素」商品ページへ 少々
にんじん 1/3本(60g)
720ml
「鍋キューブ」鶏だし・うま塩商品ページへ 4個

大根おろしアート☆「アジパンダ」と重ね鍋の作り方

(1)白菜は1枚ずつはがす。白菜と豚肉を交互に4回重ね、5cm幅に切り、鍋のフチに沿って敷き詰める。3~4回繰り返し、鍋全体に敷き詰める。

(2)大根はすりおろして水気をしぼり「味の素」を加えて混ぜ、顔と体の形に2個ずつラップで包んでまとめる。にんじんは薄切りにし、目、鼻、口などの形に切り、残ったにんじんはすりおろして水気をしぼり、腕と耳の形にラップで包んでまとめる。

(3)「アジパンダ」の型紙を作り、型紙に合わせて、(2)の大根おろしの顔・体・にんじんおろしの腕・耳の形を整え、ラップをはずし、顔に(2)のにんじんの目・鼻・口をつけて目に少量の大根おろしで瞳をつけ、「アジパンダ」を作る。

(4)(1)にAを加えて火にかけ、沸騰してきたらフタをして煮、(3)の「アジパンダ」を飾る。

*「アジパンダ」は、うま味調味料「味の素」のキャラクターです。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

88

コメント

4件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

白菜を使ったレシピ

やわらか白菜が絶品!

大きく切った白菜が主役☆素材の甘さも引き立てるクリーム仕立て♪

もっと見る

関連特集

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 2,049件

どっちの夏野菜を食べたい?
  • A.ゴーヤ

    A
  • B.トマト

    B

募集期間: 2017年08月09日 〜 2017年08月23日

コメントを見る

どっちの夏野菜を食べたい?
大根おろしアート☆「アジパンダ」と重ね鍋 レシピ
大根おろしアート☆「アジパンダ」と重ね鍋
調理時間
エネルギー
361kcal
塩分
3g
野菜摂取量
317g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
白菜 1/2株
豚バラ薄切り肉 300g
大根 1/4本(300g)
「味の素」商品ページへ 少々
にんじん 1/3本(60g)
720ml
「鍋キューブ」鶏だし・うま塩商品ページへ 4個

材料クリックで 3 Smile

大根おろしアート☆「アジパンダ」と重ね鍋の作り方
  1. (1)白菜は1枚ずつはがす。白菜と豚肉を交互に4回重ね、5cm幅に切り、鍋のフチに沿って敷き詰める。3~4回繰り返し、鍋全体に敷き詰める。
  2. (2)大根はすりおろして水気をしぼり「味の素」を加えて混ぜ、顔と体の形に2個ずつラップで包んでまとめる。にんじんは薄切りにし、目、鼻、口などの形に切り、残ったにんじんはすりおろして水気をしぼり、腕と耳の形にラップで包んでまとめる。
  3. (3)「アジパンダ」の型紙を作り、型紙に合わせて、(2)の大根おろしの顔・体・にんじんおろしの腕・耳の形を整え、ラップをはずし、顔に(2)のにんじんの目・鼻・口をつけて目に少量の大根おろしで瞳をつけ、「アジパンダ」を作る。
  4. (4)(1)にAを加えて火にかけ、沸騰してきたらフタをして煮、(3)の「アジパンダ」を飾る。
  5. *「アジパンダ」は、うま味調味料「味の素」のキャラクターです。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

88

コメント

4件のコメントがあります。

コメントする
大根おろしアート☆「アジパンダ」と重ね鍋 へのコメント

アジパンダがとってもキュートで大人も子供も楽しく鍋をかこめそうですね^^

クリームクリームさん

グッド!

2

これはおみごと!子供と一緒に作ってみたいです。食卓で盛り上がりそう!

etaさん

グッド!

7

パンダを作るのは少し手間がかかるけど、「かわいい~」って声が聞こえてきそう(笑)

クマりんさん

グッド!

6

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。