料理区分
ジャンル
調理法
人数

宮崎県農畜産紹介 太陽の恵みたっぷり農畜産物の宝庫・宮崎 豊かな自然と温暖な気候に恵まれた宮崎県。全国トップクラスの日射量を最大限に活かして様々な農畜産物が生産されています。今回は、そんな宮崎の太陽の恵みをたっぷり浴びて育まれた「ズッキーニ」、「ピーマン」をご紹介します。

  • ズッキーニ
  • みやざきビタミンピーマン
  • かんしょ
  • 黒皮かぼちゃ
  • 宮崎ブランドポーク
  • 日向夏
九州和ごはん 九州の食材で和ごはんを楽しもう!
宮崎県産の『かんしょ』をもっと詳しく!美味しく!!詳細&レシピはこちらから

冬を迎えてさらに甘さを増したさつまいも かんしょ

宮崎では“さつまいも”のことを「甘藷(かんしょ)」と呼んでいます。県南部に位置する串間市を中心に、皮が鮮やかな紅色で、甘くてホクホクしているのが特徴の「宮崎紅」を主体に栽培しています。
かんしょと言えば焼き芋、「秋」のイメージが強いかもしれませんが、宮崎のかんしょの収穫は、初夏から行われます。そして、秋に収穫したかんしょは貯蔵庫で保管され、1年を通して出荷されます。貯蔵することによって、かんしょのデンプンが糖に変わっていくので甘みが増してより美味しくなります。

【野菜ソムリエおすすめ 美味しい食べ方】皮ごと食べて栄養をまるごと摂取! かんしょはいも類の中でカルシウムの含有量が一番多く、特に皮の部分には実の部分の約5倍の濃度で含まれています。ほかにもビタミンCなどの栄養がたっぷり含まれていますので、調理する際には皮ごと使うのがおすすめです。

かんしょを閉じる
『黒皮かぼちゃ』をもっと詳しく!美味しく!!詳細&レシピはこちらから

水分が多く甘さ控えめの上品な味 黒皮かぼちゃ

黒皮かぼちゃは日本かぼちゃの代表品種で、古くから宮崎で栽培され“日向(ひゅうが)かぼちゃ”という愛称で親しまれています。
皮がゴツゴツしていて、水分が多く甘さは控えめです。また、粘質できめ細かく、煮くずれしにくいことから、煮物など日本料理に適した上品な味が特徴です。

【野菜ソムリエおすすめ 美味しい食べ方】完熟の証『ブルーム』で食べ頃を見極めて! かぼちゃは完熟が進むとブルームと呼ばれる白い粉が表面についてきます。これが完熟の証 = 食べ頃です!

黒皮かぼちゃを閉じる
宮崎県産の『宮崎ブランドポーク』をもっと詳しく!美味しく!!詳細&レシピはこちらから

豚肉生産量全国2位の宮崎が誇る良質な豚肉 宮崎ブランドポーク

宮崎県の豚肉生産量は、全国2位です。
宮崎ブランドポーク普及促進協議会が定める生産者の生産する肉豚の中で、日本食肉格付協会の格付で「中」以上、さらに肉質・脂肪の良好なのものが“宮崎ブランドポーク”を名乗ることができます。

【野菜ソムリエおすすめ 美味しい食べ方】相性バツグンの白菜と一緒に食べて疲労回復! 淡白な味の白菜には、コクとうま味のある豚肉がよく合います。白菜に含まれるビタミンCと豚肉のビタミンB1で疲労回復と、冬場のスタミナアップをしましょう。

宮崎ブランドポークを閉じる
宮崎県産の『日向夏』をもっと詳しく!美味しく!!詳細&レシピはこちらから

白皮の甘みと果肉の酸味が一緒に楽しめる 日向夏

日向夏(ひゅうがなつ)は宮崎原産の柑橘類で、他県では“ニューサマーオレンジ”や“小夏”と呼ばれています。
この日向夏、他の柑橘にはない独特の食べ方があります。それは白皮と果肉を一緒に味わうこと。一緒に食べることで、爽やかな香りと白皮の甘み、果肉の酸味の調和を楽しむことができます。

【野菜ソムリエおすすめ 美味しい食べ方】白皮+果肉でより効果的な栄養摂取を♪ 果肉にはビタミンC・白皮には食物繊維が含まれているので、一緒に食べることで美味しく、より効果的に栄養が摂取できます。

日向夏を閉じる
情熱!みやざきコラボレシピ特集 春夏編
さらにご興味のある方はこちらへ JA宮崎経済連 宮崎県経済農業協同組合連合会 〒880-8556 宮崎県宮崎市霧島1-1-1 0985-31-2150
この特集を見ている方は、こんな特集も見ています