OPEN MENU

MENU

和風きのこグラタンの献立

献立 33分 (時間外を除く)

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 446 kcal
  • ・塩分 5.6 g
  • ・たんぱく質 25.9 g
  • ・野菜摂取量※ 221 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

和風きのこグラタン

25分

材料(2人分)

しいたけ
3個
えのきだけ
50g
しめじ
50g
まいたけ
50g
えび
75g
白ワイン
大さじ1
「瀬戸のほんじお」
少々
こしょう
少々
薄力粉
大さじ1・1/2
1カップ
牛乳
1/2カップ
「ほんだし」
小さじ1/2
「瀬戸のほんじお」
少々
バター
30g
粉チーズ
大さじ2・1/2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    しいたけはひと口大に切り、えのきだけは長さを半分に切ってほぐす。
    しめじ、まいたけは小房にほぐす。えびは殻をむいて背ワタを取る。
  2. 2

    フライパンにバター10gを熱し、(1)のきのこ類・えびを入れて炒め、
    ワインをふってAで調味し、具材と煮汁を分けておく。
  3. 3

    別のフライパンにバター15gを熱し、薄力粉を入れて炒め、サラッとしたら
    Bを加えてのばす。煮立ったら弱火にし、塩を加え、時々混ぜながら15分煮る。
    粉チーズ大さじ1、(2)の煮汁を加えて混ぜ、ホワイトソースを作る。
  4. 4

    耐熱容器に(3)のソース少々を敷き、(2)を盛って残りのソースをかけ、
    粉チーズ大さじ1と1/2をふり、残りのバター5gをちぎって散らす。
  5. 5

    予熱したオーブントースターで焼き色がつくまで10分焼く。
    途中こげそうになったらアルミホイルをのせる。

「和風きのこグラタン」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー236kcal
  • ・塩分1.5 g
  • ・たんぱく質11.8 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

かぶとみょうがの和風ピクルス

5分 (時間外を除く)

材料(2人分)

かぶ
4個
かぶの葉
適量
みょうが
3個
大さじ2
大さじ2
砂糖
大さじ1
「瀬戸のほんじお」
小さじ1/2
「ほんだし かつおとこんぶのあわせだし」
1/4袋(2g)
赤唐がらし・種をとる
1本

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    かぶは茎を切って皮をむき、8等分に切る。かぶの葉は2cm長さのザク切りにし、みょうがはタテ4等分に切る。
  2. 2

    ボウルにAを合わせ、電子レンジ(600W)で40秒加熱する。熱いうちに(1)のかぶ・かぶの葉・みょうがを漬け込み、ひと晩おく(時間外)。

「かぶとみょうがの和風ピクルス」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー67kcal
  • ・塩分1.6 g
  • ・たんぱく質2.9 g
  • ・野菜摂取量※221 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

木綿豆腐とわかめ・油揚げのみそ汁

8分

材料(4人分)

木綿豆腐
1丁
わかめ
40g
油揚げ
2枚
3・1/2カップ
「毎日カルシウム・ほんだし」
小さじ山盛り1(4g)
みそ
大さじ3・1/2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    豆腐はひと口大に切り、わかめは水でもどし食べやすい大きさに切る。油揚げは熱湯で油抜きをし、タテ半分に切り、1cm幅に切る。
  2. 2

    鍋に分量の水を入れて沸かし、「毎日カルシウム・ほんだし」半量、(1)の豆腐・油揚げ・わかめを加え、ひと煮する。
  3. 3

    火を弱めてみそを溶き入れ、残りの「毎日カルシウム・ほんだし」を加え、沸騰直前で火を止める。

「木綿豆腐とわかめ・油揚げのみそ汁」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー143kcal
  • ・塩分2.5 g
  • ・たんぱく質11.2 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。