OPEN MENU

MENU

鶏とピーマンのてりやき風の献立

献立 100分 (時間外を除く)

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 661 kcal
  • ・塩分 4.2 g
  • ・たんぱく質 28.2 g
  • ・野菜摂取量※ 80 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

鶏とピーマンのてりやき風

10分

材料(2人分)

鶏もも肉
1枚(200g)
ピーマン
4個(80g)
みりん
大さじ1
大さじ1
しょうゆ
小さじ2
「ほんだし」
小さじ2/3
「瀬戸のほんじお」
少々
こしょう
少々
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
小さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    鶏肉はひと口大に切り、ピーマンは乱切りにする。
  2. 2

    フライパンにごま油を熱し、(1)の鶏肉・ピーマンを入れて両面を焼く。
  3. 3

    Aを加えてからめるように炒め合わせる。

「鶏とピーマンのてりやき風」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー255kcal
  • ・塩分1.7 g
  • ・たんぱく質17.7 g
  • ・野菜摂取量※34 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

栗ごはん

60分 (時間外を除く)

材料(4人分)

2合
栗・皮つき
200g
みりん
大さじ1
大さじ1
「ほんだし」
小さじ2
「瀬戸のほんじお」
小さじ1
適量
いり黒ごま
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    米は洗ってザルに上げ、20分ほどおいて水気をきる。
  2. 2

    栗はたっぷりのぬるま湯(35~36℃)に10分以上浸し、
    鬼皮(外側のかたい皮)をやわらかくする。
  3. 3

    栗の底の部分を包丁で切り落とす直前まで切り込みを入れ、底から先端に向かって
    はぐようにして鬼皮をむく。
  4. 4

    残った渋皮(内側のやわらかい皮)をむき、半分に切り、10分ほど水に浸す。
  5. 5

    炊飯器に(1)の米を入れ、Aを加え、2合の目盛りまで水を注ぎ、ひと混ぜする。
    (4)の栗をのせて炊く(時間外)。
  6. 6

    炊き上がったら全体を混ぜ、器に盛り、黒ごまを散らす。
  7. *ご飯は2合以上で炊く方がおいしくお作りいただけます。

「栗ごはん」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー326kcal
  • ・塩分1.7 g
  • ・たんぱく質6 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

けんちん汁<塩分控えめ>

35分 (時間外を除く)

材料(2人分)

木綿豆腐
1/3丁(100g)
大根
2cm(60g)
にんじん
2cm(20g)
ごぼう
5cm(15g)
こんにゃく
1/4枚
2カップ
「お塩控えめの・ほんだし」
小さじ1
うす口しょうゆ
小さじ1/2
みりん
小さじ1/2
「やさしお」
小さじ1/4
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
小さじ1
小ねぎの小口切り
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    豆腐はキッチンペーパーに包み、30分ほどおいて水きりする(時間外)。大根、にんじんは3~4mm幅のいちょう切りにする。
  2. 2

    ごぼうはささがきにし、5分ほど水にさらして水気をきる。こんにゃくはスプーンでちぎって塩少々(分量外)でもみ、水洗いする。水からゆで、沸騰したら5分ほどゆでて水気をきる。
  3. 3

    鍋にごま油を熱し、豆腐以外の材料を入れて油がまわるまで炒める。
  4. 4

    Aを加え、煮立ったらアクを取り、フタをして火が通るまで10分ほど煮る。(1)の豆腐をひと口大にちぎり入れ、Bを加えてひと煮する。
  5. 5

    椀に盛り、小ねぎを散らす。

「けんちん汁<塩分控えめ>」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー80kcal
  • ・塩分0.8 g
  • ・たんぱく質4.5 g
  • ・野菜摂取量※46 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。