OPEN MENU

MENU

うなぎのさっぱりちらし寿司の献立

献立 55分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 595 kcal
  • ・塩分 2.7 g
  • ・たんぱく質 21.7 g
  • ・野菜摂取量※ 169 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

うなぎのさっぱりちらし寿司

15分

材料(2人分)

温かいご飯
2杯(300g)
うなぎのかば焼き
1/2本(50g)
きゅうり
1/4本(30g)
にんじん
3cm(30g)
みょうが
1個
れんこん
1cm(25g)
大さじ2
砂糖
小さじ2
「やさしお」
小さじ1/6
うま味調味料「味の素®」70g瓶
4ふり
いり白ごま
小さじ1
青じそのせん切り
4枚分

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    うなぎはひと口大に切る。きゅうり、にんじんはせん切りにする。れんこんは薄めのいちょう切りにする。みょうがはタテ半分に切り、斜め薄切りにする。
  2. 2

    小鍋にA、(1)のれんこんを入れて火にかけ、砂糖と塩が溶けたら火からおろす。
  3. 3

    温かいご飯に(2)、(1)のきゅうり・にんじん・みょうが、ごまを加えて切るように混ぜ、粗熱を取る。
  4. 4

    器に盛り、(1)のうなぎをのせ、しそを飾る。

「うなぎのさっぱりちらし寿司」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー347kcal
  • ・塩分0.6 g
  • ・たんぱく質10.5 g
  • ・野菜摂取量※46 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

うの花煮

25分

材料(4人分)

おから
450g
干ししいたけ
4枚
にんじん
1/3本
こんにゃく
1/3枚
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
大さじ1
みりん
1/4カップ
1/4カップ
うす口しょうゆ
大さじ1
「瀬戸のほんじお」
少々
絹さや
8枚

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    干ししいたけはもどして石づきを取り、薄切りにする。にんじんはせん切りにし、
    こんにゃくは細切りにする。
  2. 2

    フライパンにごま油を熱し、(1)のしいたけ・にんじん・こんにゃくを炒める。
    おからを加えてサッと炒め、Aを加え、汁気がなくなるまでさらに炒める。
  3. 3

    (2)の味を塩で調え、器に盛り、ゆでて細切りにした絹さやを添える。
  4. *煮るとき、おからの状態によって水分が足りない場合は水カップ1くらい足しましょう。

「うの花煮」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー195kcal
  • ・塩分0.9 g
  • ・たんぱく質8.1 g
  • ・野菜摂取量※16 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

アスパラと根菜のすまし汁

20分

材料(4人分)

グリーンアスパラガス
5本
大根
300g
にんじん
1/3本
油揚げ
1枚
4カップ
「ほんだし」
小さじ山盛り1
しょうゆ
小さじ1
小さじ1
「瀬戸のほんじお」
小さじ1/2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    アスパラは根元から6cmぐらいのところまで皮をむき、ハカマを取って
    4cm長さに切る。大根、にんじんは4cm長さ、7mm幅の細切りにする。
  2. 2

    油揚げは油抜きし、タテ半分に切って7mm幅に切る。
  3. 3

    鍋に水、「ほんだし」の半量を入れて煮立て、(1)の大根・にんじん、
    (2)の油揚げを加えて、弱火で10分煮る。
  4. 4

    (1)のアスパラを加えてやわらかくなるまで煮て(2~3分が目安)、
    残りの「ほんだし」を加え、Aで味を調え、沸騰直前で火を止める。

「アスパラと根菜のすまし汁」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー53kcal
  • ・塩分1.2 g
  • ・たんぱく質3.1 g
  • ・野菜摂取量※107 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。