OPEN MENU

MENU

肉みそキャベツ丼の献立

献立 25分 (時間外を除く)

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 771 kcal
  • ・塩分 4.0 g
  • ・たんぱく質 30.7 g
  • ・野菜摂取量※ 213 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

肉みそキャベツ丼

15分

材料(4人分)

豚ひき肉
200g
キャベツ
1/4個(300g)
小ねぎ
1/2束(50g)
「Cook Doきょうの大皿」肉みそキャベツ用
1箱
ご飯
4杯分
「AJINOMOTO サラダ油」
大さじ2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    キャベツは小さめのひと口大に切り、小ねぎは4cm長さに切る。
  2. 2

    フライパンに油大さじ1を熱し、(1)のキャベツ半量を入れて強火で炒め、皿にとる。
    残り半量も同様に炒め、皿にとる。
  3. 3

    フライパンを熱し、ひき肉を入れて中火でほぐすように炒め、火が通ったら、
    いったん火を止め、「Cook Doきょうの大皿」を加える。再び火にかけ、
    よく混ぜ合わせる。
  4. 4

    (2)のキャベツを戻し入れ、(1)の小ねぎを加えて炒め合わせ、肉みそキャベツを作る。
  5. 5

    器にご飯をよそい、(4)の肉みそキャベツをのせる。

「肉みそキャベツ丼」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー575kcal
  • ・塩分1.2 g
  • ・たんぱく質16.5 g
  • ・野菜摂取量※75 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

大根の「やさしお」浅漬け

5分 (時間外を除く)

材料(4人分)

大根
7cm(200g)
大根の葉
適量
「やさしお」浅漬けの素
100ml

レシピ提供:味の素KK

つくり方

  1. 1

    大根は5mm幅のいちょう切りにし、大根の葉は1cm幅に切る。
  2. 2

    ビニール袋に(1)の大根・大根の葉を入れて、
    よく混ぜ合わせた「やさしお」浅漬けの素を注ぎ入れ、軽くもむ。
  3. 3

    冷蔵庫に30分ほどおいて漬ける(時間外)。
  4. *大根を厚く切るほど、味がしみ込むまで時間がかかりますのでご注意ください。
  5. 【「やさしお」浅漬けの素の作り方(作りやすい分量)】
  6. [1]ボウルに水300ml・酢50ml・「やさしお」大さじ2・砂糖大さじ2・
    「ほんだし」大さじ1・しょうゆ小さじ1を入れて溶けるまでよく混ぜ合わせる。
  7. *「やさしお」浅漬けの素は、調味料が溶けるまでしっかりと混ぜてください。
     かくし味に赤ワイン(少々)を加えると、味がまろやかになります。
  8. *「やさしお」浅漬けの素100mlで、野菜200g漬けられます。
  9. *ビニール袋は密閉できるものを使うと、冷蔵庫のなかで液もれしにくくなります。
  10. *漬けておく時間が長くなるほど、よりしっかりと味がしみこみます。
     お好みの味に漬かったら、水気をきっておくとよいです。

「大根の「やさしお」浅漬け」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー13kcal
  • ・塩分0.7 g
  • ・たんぱく質0.4 g
  • ・野菜摂取量※50 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

たんぱくぱくみそ汁

10分

材料(2人分)

ツナ缶
1缶(70g)
ホールコーン缶
大さじ2
ブロッコリー
6房
ミニトマト
4個
絹ごし豆腐
1/3丁
1・1/2カップ
「ほんだし」
小さじ1
みそ
大さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    ツナ缶は汁気をきる。ミニトマトは半分に切る。豆腐は2~3cm角に切る。
  2. 2

    鍋にA、ブロッコリー(1)のミニトマト・豆腐を入れて火にかけ、3分ほど煮る。(1)のツナ、コーンを加えてひと煮立ちしたら、
    火を止め、みそを溶き入れる。
  3. *ツナ缶は油漬缶、水煮缶、どちらでもおいしくお作りいただけます。

「たんぱくぱくみそ汁」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー183kcal
  • ・塩分2.1 g
  • ・たんぱく質13.8 g
  • ・野菜摂取量※88 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。