料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

上新粉 レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • ゆで栗の保存

    昨日、栗を茹でました。 茹で汁が冷めるまでそのままにし冷めてから茹で汁を捨て常温で一晩置いてしまいました。  今は冷蔵庫の野菜室に入れました。 茹でた栗はどの位まで美味しく保存できますか? 茹でたのは買ってきた半分500gくらいです。 茹でた栗の皮をきれいにむいた栗を食べるのが好きです。 残りは、むいた栗を裏ごして砂糖を入れ茶巾にします。

  • 古い米がたくさんあります料理方法教えて下さい

    環境保全米でいただきましたが炊くと次の日ににおいがしますが何か良い方法で食べることが出来る方法がないでしょうか教えて下さい

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!

ういろうちまき レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

ういろうちまき
調理時間
エネルギー
88kcal
塩分
0g
野菜摂取量
0g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1個分の値です

材料(20個分

上新粉 100g
もち粉 20g
砂糖 110g
1/2カップ
上新粉 95g
もち粉 20g
砂糖 100g
こしあん・市販品 60g
70ml

ういろうちまきの作り方

(1)笹の葉20枚(分量外)は洗って、水気を拭く。

(2)白ういろうを作る。Aをボウルに入れ、水カップ1/2を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。

(3)せいろ(または蒸し器)にぬれぶきんを敷いて、(2)の生地を流し入れる。強火にかけ、45分蒸す。

(4)(3)をボウルに移し、ぬれぶきんを手に巻いて、熱いうちになめらかになるまでつき混ぜる(生地がかたい時は手水を使う)。

(5)(4)の生地を棒状にまとめ、10個に切り分けて、丸く形を整え、(1)の笹の葉に包む。これを10個作る。

(6)あずきういろうを作る。Bを別のボウルに入れ、水70mlを少しずつ加えながら混ぜ合わせる。生地を(3)~(5)と同様にして作る。

(7)(5)の白ういろう、(6)のあずきういろうを(1)の笹の葉で包む。

*市販の乾燥した笹の葉を使う場合は熱湯でサッとゆで、水に1日ほどつけてから使いましょう。

*生の笹の葉は、ラップにくるんで冷凍庫に入れておくと長く保存できます。使う時にたっぷりの 水にひと晩つけて解凍します。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

48

コメント

2件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

上新粉を使ったレシピ

もっと見る
このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 321件

秋を感じる味覚といえば?
  • A.栗

    A
  • B.銀杏

    B

募集期間: 2017年09月20日 〜 2017年09月27日

コメントを見る

秋を感じる味覚といえば?
ういろうちまき レシピ
ういろうちまき
調理時間
エネルギー
88kcal
塩分
0g
野菜摂取量
0g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1個分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

材料(20個分
上新粉 100g
もち粉 20g
砂糖 110g
1/2カップ
上新粉 95g
もち粉 20g
砂糖 100g
こしあん・市販品 60g
70ml

材料クリックで 3 Smile

ういろうちまきの作り方
  1. (1)笹の葉20枚(分量外)は洗って、水気を拭く。
  2. (2)白ういろうを作る。Aをボウルに入れ、水カップ1/2を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。
  3. (3)せいろ(または蒸し器)にぬれぶきんを敷いて、(2)の生地を流し入れる。強火にかけ、45分蒸す。
  4. (4)(3)をボウルに移し、ぬれぶきんを手に巻いて、熱いうちになめらかになるまでつき混ぜる(生地がかたい時は手水を使う)。
  5. (5)(4)の生地を棒状にまとめ、10個に切り分けて、丸く形を整え、(1)の笹の葉に包む。これを10個作る。
  6. (6)あずきういろうを作る。Bを別のボウルに入れ、水70mlを少しずつ加えながら混ぜ合わせる。生地を(3)~(5)と同様にして作る。
  7. (7)(5)の白ういろう、(6)のあずきういろうを(1)の笹の葉で包む。
  8. *市販の乾燥した笹の葉を使う場合は熱湯でサッとゆで、水に1日ほどつけてから使いましょう。
  9. *生の笹の葉は、ラップにくるんで冷凍庫に入れておくと長く保存できます。使う時にたっぷりの 水にひと晩つけて解凍します。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

48

コメント

2件のコメントがあります。

コメントする
ういろうちまき へのコメント

ういろうって手作りできるんですね。2種類あれば、見た目もきれいで子どもも喜びそうです。

aochanさん

グッド!

2

ちまき大好きですが手作りなんて考えたこともなかったのですが、とっても作ってみたくなりました。

くのーるさん

グッド!

2

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。