料理区分
ジャンル
調理法
人数

蒜山おこわ風 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

蒜山おこわ風
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
754kcal
塩分
3.4g
野菜摂取量
48g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(4人分

もち米 3カップ
あずき(乾) 1/3カップ
鶏もも肉 100g
しめじ 1パック(130g)
ごぼう 1/2本(50g)
にんじん 1/4本(50g)
栗の甘露煮 6個
ゆでぎんなん 12粒
「ほんだし かつおとこんぶのあわせだし」商品ページへ 1袋(8g)
2カップ
うす口しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1/2
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/4
ふきの水煮 1本
1カップ
「ほんだし かつおとこんぶのあわせだし」商品ページへ 1/2袋(4g)
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/3
うす口しょうゆ 小さじ1/2
「AJINOMOTO サラダ油」商品ページへ 大さじ2

蒜山おこわ風の作り方

(1)もち米は洗い、20~30分水につけて、ザルに上げる(時間外)。

(2)あずきは洗って水からゆで、沸騰したらアク抜きのため、ゆで汁を捨てる。新しい水で約20分ほどゆで、水にさらし、よく冷やして水気をきる。

(3)鶏肉は5mm角に切り、にんじんは1cm角の薄切りにし、しめじは根元を切って1cm幅に切る。

(4)ごぼうはささがきにし、ヒタヒタの水にさらしてアクを抜き、よく水気をきる。ぎんなんはタテ半分に切る。

(5)鍋に油を熱し、(3)、(4)を入れて炒め、「かつおとこんぶのあわせだし」、Aを加える。沸騰したら中火で3~4分煮て、火を止めて具材と煮汁を分けておく。

(6)ふきは5mm幅の小口切りにする。鍋にBを煮立て、ふきを入れて2分ほど煮て、鍋ごと冷水につけて煮汁ごと冷やし味を含ませる。

(7)炊飯器に(1)のもち米、(2)のあずきを入れて混ぜ、(5)の煮汁と水を合わせて、430ml加えて炊く。(水加減はもち米の重量の1.5~2割減。)

(8)炊き上がったら、水気をきった(6)のふき、(5)の具、栗を混ぜて、器によそう。

*蒸し器の場合は(5)の具材と(1)のもち米を混ぜ、蒸気の上がった蒸し器にさらしを広げ、 その上に平らに入れ、フタの間に乾いたふきんをはさんでフタをして、強火で20分蒸し、

 ボウルに取り出し、(5)の煮汁と混ぜ合わせて再び蒸し器に広げ入れ強火で20分蒸し、 水気をきった(6)のふきを散らします。

*このレシピは岡山県の郷土料理「蒜山おこわ」を参考に、小豆を加えてアレンジした オリジナルレシピです。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

81

コメント

6件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

もち米を使ったレシピ

笹の葉で包んでちまき風に♪「丸鶏がらスープ」がおいしさのポイント!

もっと見る
このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 2,029件

どっちの夏野菜を食べたい?
  • A.ゴーヤ

    A
  • B.トマト

    B

募集期間: 2017年08月09日 〜 2017年08月23日

コメントを見る

どっちの夏野菜を食べたい?
蒜山おこわ風 レシピ
蒜山おこわ風
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
754kcal
塩分
3.4g
野菜摂取量
48g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
もち米 3カップ
あずき(乾) 1/3カップ
鶏もも肉 100g
しめじ 1パック(130g)
ごぼう 1/2本(50g)
にんじん 1/4本(50g)
栗の甘露煮 6個
ゆでぎんなん 12粒
「ほんだし かつおとこんぶのあわせだし」商品ページへ 1袋(8g)
2カップ
うす口しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1/2
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/4
ふきの水煮 1本
1カップ
「ほんだし かつおとこんぶのあわせだし」商品ページへ 1/2袋(4g)
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/3
うす口しょうゆ 小さじ1/2
「AJINOMOTO サラダ油」商品ページへ 大さじ2

材料クリックで 3 Smile

蒜山おこわ風の作り方
  1. (1)もち米は洗い、20~30分水につけて、ザルに上げる(時間外)。
  2. (2)あずきは洗って水からゆで、沸騰したらアク抜きのため、ゆで汁を捨てる。新しい水で約20分ほどゆで、水にさらし、よく冷やして水気をきる。
  3. (3)鶏肉は5mm角に切り、にんじんは1cm角の薄切りにし、しめじは根元を切って1cm幅に切る。
  4. (4)ごぼうはささがきにし、ヒタヒタの水にさらしてアクを抜き、よく水気をきる。ぎんなんはタテ半分に切る。
  5. (5)鍋に油を熱し、(3)、(4)を入れて炒め、「かつおとこんぶのあわせだし」、Aを加える。沸騰したら中火で3~4分煮て、火を止めて具材と煮汁を分けておく。
  6. (6)ふきは5mm幅の小口切りにする。鍋にBを煮立て、ふきを入れて2分ほど煮て、鍋ごと冷水につけて煮汁ごと冷やし味を含ませる。
  7. (7)炊飯器に(1)のもち米、(2)のあずきを入れて混ぜ、(5)の煮汁と水を合わせて、430ml加えて炊く。(水加減はもち米の重量の1.5~2割減。)
  8. (8)炊き上がったら、水気をきった(6)のふき、(5)の具、栗を混ぜて、器によそう。
  9. *蒸し器の場合は(5)の具材と(1)のもち米を混ぜ、蒸気の上がった蒸し器にさらしを広げ、 その上に平らに入れ、フタの間に乾いたふきんをはさんでフタをして、強火で20分蒸し、
  10.  ボウルに取り出し、(5)の煮汁と混ぜ合わせて再び蒸し器に広げ入れ強火で20分蒸し、 水気をきった(6)のふきを散らします。
  11. *このレシピは岡山県の郷土料理「蒜山おこわ」を参考に、小豆を加えてアレンジした オリジナルレシピです。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

81

コメント

6件のコメントがあります。

コメントする
蒜山おこわ風 へのコメント

美味しそうですね。食べてみたいです。

ひでぼんぼんさん

グッド!

0

作ってみたところ、とてもおいしくいただけました!今年最後の栗かなぁ・・・

クノスープさん

グッド!

3

豪華な感じがして人が来た時に、作りたと思います

パンダ大王さん

グッド!

2

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。