OPEN MENU

MENU

ねばねば五目丼の献立

献立 30分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 610 kcal
  • ・塩分 5.2 g
  • ・たんぱく質 24.0 g
  • ・野菜摂取量※ 174 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

ねばねば五目丼

10分

材料(2人分)

納豆・たれつき
1パック
長いも
100g
オクラ
4本
梅干し
2個
「ほんだし」
小さじ1
すり白ごま
大さじ1
冷水・お好みで
50ml
温かいご飯
400g
青じそのせん切り
4枚分

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    長いもは5mm角に切る。オクラは塩で表面をこすってサッとゆでて水にとり、水気を拭いて小口切りにする。梅干しは種を取って包丁でこまかくたたく。
  2. 2

    器に納豆を入れて混ぜ、(1)の長いも・オクラ・梅干し、「ほんだし」、A、別添のたれを加えてよく混ぜる。
  3. 3

    丼にご飯をよそい、(2)をかけ、しそをのせる。
  4. *納豆のたれはしょうゆ適量でも代用できます。

「ねばねば五目丼」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー421kcal
  • ・塩分2.4 g
  • ・たんぱく質11.8 g
  • ・野菜摂取量※29 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

大根のそぼろがけ

10分

材料(2人分)

豚ひき肉
80g
しょうがのすりおろし
3g
みりん
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
大さじ1
砂糖
小さじ2
大根・下ゆでしたもの2切れ(5cm分)
125g
小ねぎの小口切り
2本分
「AJINOMOTO サラダ油」
小さじ1/3

レシピ提供:味の素KK

つくり方

  1. 1

    鍋に油を熱し、しょうが、ひき肉を入れてほぐしながら中火で炒める。
  2. 2

    肉の色が変わったら泡立て器で上からつぶすようにしてかたまりをほぐし、パラパラにする。Aを加え弱火で汁が少し残るくらいまで煮詰め、肉そぼろを作る。
  3. 3

    下ゆでした大根をゆで汁ごと温め、汁気をきる。
  4. 4

    器に盛り、(2)の肉そぼろ、小ねぎをのせる。
  5. <下ゆで大根(和風)の作り方> 
  6. [1]大根1本は2.5cm厚さの輪切りにし、片面にかくし包丁を十文字に入れる。鍋に移し、水カップ6を加えて中火にかけ、煮立ったら弱火で20分ほど煮る。
  7. [2]「ほんだし」小さじ2を加え、10分煮て大根がやわらかくなったら火を止め、だし汁につけたまま冷まして味を含ませる。
  8. *保存する際は、ガラスなどの保存容器に入れて、冷蔵庫で2日を目安にお召し上がりください。
  9. *そのままでもおいしくお召し上がりいただけます。

「大根のそぼろがけ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー144kcal
  • ・塩分1.6 g
  • ・たんぱく質8.4 g
  • ・野菜摂取量※70 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

いんげんのかきたま汁

15分

材料(4人分)

さやいんげん
100g
ほうれん草
200g
「瀬戸のほんじお」
少々
1個
3カップ
「ほんだし」
小さじ山盛り1
しょうゆ
小さじ1
「瀬戸のほんじお」
小さじ1/3
片栗粉
小さじ2
大さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    いんげんはスジを取って斜め3cm長さに切る。ほうれん草は3cm長さに切り、
    塩少々を入れた熱湯でサッとゆでて水にとり、水気をしぼる。卵は溶きほぐす。
  2. 2

    鍋に水、「ほんだし」の半量を入れて煮立て、(1)のいんげんを加え、
    弱火で2分煮て、(1)のほうれん草を加える。
  3. 3

    残りの「ほんだし」を加え、Aで味を調える。Bの水溶き片栗粉を混ぜながら加えて
    煮立て、とろみをつける。(1)の溶き卵を糸状に流し入れ、火を止める。

「いんげんのかきたま汁」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー45kcal
  • ・塩分1.2 g
  • ・たんぱく質3.8 g
  • ・野菜摂取量※75 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。