料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

生ざけ レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • 美味しいチャーハンの作り方

    う~んとうなずく程旨いチャーハンの作り方を教えて下さい、!

  • 混ぜご飯。

    サツマイモをご飯と一緒にたくにはどうすればいいの(・・?教えて下さい、

  • オーブントースターの代わり

    皆さまこんばんにゃ。 いつもお世話になっております。 m(__)m 私自宅にオーブントースターがありません。 ただオーブンレンジは持っています。 トースターを使うレシピでオーブンレンジで代用出来ますか? その際の温度・時間設定は如何でしょうか? ご教授よろしくお願い致します。 m(__)m

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!

さけと根菜の韓国風煮 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

さけと根菜の韓国風煮
調理時間
エネルギー
175kcal
塩分
1.1g
野菜摂取量
97g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(2人分

生ざけ 2切れ(130g)
大根 3cm(75g)
にんじん 1/2本
ごぼう 1/4本
里いも 2個
にんにく 1片
しょうがの薄切り 1枚
大さじ1
「丸鶏がらスープ」商品ページへ 小さじ1
「Cook Do Korea!」コチュジャン商品ページへ 小さじ1
1・1/2カップ
みりん 小さじ1/2
うす口しょうゆ 少々
さやえんどう 適量
糸唐がらし 少々

さけと根菜の韓国風煮の作り方

(1)さけは塩をふって10分ほどおき、サッと熱湯にくぐらせる。

(2)大根、にんじんはいちょう切りにする。ごぼうは乱切りにして水にさらし、里いもは輪切りにし、サッと下ゆでして洗う。

(3)鍋にAを煮立て、にんにく、しょうが、(2)の大根・にんじん・ごぼう・里いもを加えてやわらかくなるまで煮、(1)のさけを加えてさらに煮る。

(4)(3)の里いもがやわらかくなったら、Bで味を調え、最後にさやえんどうを加えてひと煮立ちさせる。

(5)器に(4)を盛り、糸唐がらしを散らす。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

26

コメント

0件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

生ざけを使ったレシピ

もっと見る
このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 1,255件

おうちでピザ、つくる?
  • A.つくる!

    A
  • B.つくらないなぁ

    B

募集期間: 2017年11月15日 〜 2017年12月06日

コメントを見る

おうちでピザ、つくる?
さけと根菜の韓国風煮 レシピ
さけと根菜の韓国風煮
調理時間
エネルギー
175kcal
塩分
1.1g
野菜摂取量
97g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

材料(2人分
生ざけ 2切れ(130g)
大根 3cm(75g)
にんじん 1/2本
ごぼう 1/4本
里いも 2個
にんにく 1片
しょうがの薄切り 1枚
大さじ1
「丸鶏がらスープ」商品ページへ 小さじ1
「Cook Do Korea!」コチュジャン商品ページへ 小さじ1
1・1/2カップ
みりん 小さじ1/2
うす口しょうゆ 少々
さやえんどう 適量
糸唐がらし 少々

材料クリックで 3 Smile

さけと根菜の韓国風煮の作り方
  1. (1)さけは塩をふって10分ほどおき、サッと熱湯にくぐらせる。
  2. (2)大根、にんじんはいちょう切りにする。ごぼうは乱切りにして水にさらし、里いもは輪切りにし、サッと下ゆでして洗う。
  3. (3)鍋にAを煮立て、にんにく、しょうが、(2)の大根・にんじん・ごぼう・里いもを加えてやわらかくなるまで煮、(1)のさけを加えてさらに煮る。
  4. (4)(3)の里いもがやわらかくなったら、Bで味を調え、最後にさやえんどうを加えてひと煮立ちさせる。
  5. (5)器に(4)を盛り、糸唐がらしを散らす。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

26

コメント

0件のコメントがあります。

コメントする
さけと根菜の韓国風煮 へのコメント

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。