料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

かれい レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • ダニがわく調味料

    一般に粉もの、お菓子などダニがわきやすい食品は冷蔵庫に保存しますが、調味料で一味などもダニが湧くと聞きました。 ほかの調味料なども気になり調べましたが、わからないものがたくさんあり、詳しい方、教えて下さい。 塩、ニンニク粉、コーヒー粉、ジンジャーパウダー、玉ねぎパウダー、胡椒などはどうでしょうか?よろしくお願いします。

  • なす料理の仕上がりを綺麗にするにはどうすれば~

    なす料理は好きでよく作りますが、出来上がりのなすの色が気になります。綺麗になす色を残して料理をするにはどうすれば良いでしょうか。

  • バターナッツかぼちゃ

    バターナッツかぼちゃのおいしい食べ方はスープ以外では何がありますか?レシピもあればよろしくお願いします。

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!
  • やってみ!丸鶏そうめん 作って!写して!キャンペーン

かれいのから揚げ レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

かれいのから揚げ
調理時間
エネルギー
205kcal
塩分
1.3g
野菜摂取量
51g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(2人分

かれい・小 2尾(320g)
片栗粉 適量
大根 100g
赤唐がらし(乾) 1/4本
万能ねぎの小口切り 2本分
すだち 1個
1/2カップ
しょうゆ 小さじ2
みりん 小さじ2
「ほんだし」商品ページへ 小さじ1/3
「AJINOMOTO 胚芽の恵みコーン油」商品ページへ 適量

かれいのから揚げの作り方

(1)つけつゆを作る。小鍋にAを入れ、ひと煮立ちしたら火を止め、冷ましておく。

(2)大根はすりおろす。赤唐がらしはぬるま湯につけてふやかし細かく刻む。ボウルに大根おろし、赤唐がらしを混ぜてもみじおろしを作る。

(3)すだちは半分に切る。かれいはウロコを除き、エラと腹ワタを取って手早く洗い、水気をよく拭き取る。表側に斜め十字の切り込みを入れる。

(4)油を170℃くらいに熱し、(3)のかれいに片栗粉をまぶして5~6分揚げて油をきる。

(5)器に盛り、(2)のもみじおろし、万能ねぎ、(3)のすだちを添え、(1)のつけつゆでいただく。

*かれいの下処理をくわしく解説します。

[1]かれいは尾から頭へ向かって包丁で軽くこそげてウロコを取る。裏の白い方も同様にする。

[2]エラブタを持ち上げ、指でエラをつまんで取り出す。

[3]白いほうを表にして置き、胸ビレの下に斜めに3cmほど切り込みを入れる。切れ目から腹ワタを指でつまんで引き抜く。

[4]腹の中もきれいに洗い、水気をよく拭き取る。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

98

コメント

8件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

「ほんだし」のご紹介

「ほんだし」を使ったレシピはこちら!

”野菜のだし煮”は、ほうれん草、大根、アスパラ、にんじんなど好みの野菜を「...

関連特集

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 1,457件

どっちの夏野菜を食べたい?
  • A.ゴーヤ

    A
  • B.トマト

    B

募集期間: 2017年08月09日 〜 2017年08月23日

コメントを見る

どっちの夏野菜を食べたい?
かれいのから揚げ レシピ
かれいのから揚げ
調理時間
エネルギー
205kcal
塩分
1.3g
野菜摂取量
51g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(2人分
かれい・小 2尾(320g)
片栗粉 適量
大根 100g
赤唐がらし(乾) 1/4本
万能ねぎの小口切り 2本分
すだち 1個
1/2カップ
しょうゆ 小さじ2
みりん 小さじ2
「ほんだし」商品ページへ 小さじ1/3
「AJINOMOTO 胚芽の恵みコーン油」商品ページへ 適量

材料クリックで 3 Smile

かれいのから揚げの作り方
  1. (1)つけつゆを作る。小鍋にAを入れ、ひと煮立ちしたら火を止め、冷ましておく。
  2. (2)大根はすりおろす。赤唐がらしはぬるま湯につけてふやかし細かく刻む。ボウルに大根おろし、赤唐がらしを混ぜてもみじおろしを作る。
  3. (3)すだちは半分に切る。かれいはウロコを除き、エラと腹ワタを取って手早く洗い、水気をよく拭き取る。表側に斜め十字の切り込みを入れる。
  4. (4)油を170℃くらいに熱し、(3)のかれいに片栗粉をまぶして5~6分揚げて油をきる。
  5. (5)器に盛り、(2)のもみじおろし、万能ねぎ、(3)のすだちを添え、(1)のつけつゆでいただく。
  6. *かれいの下処理をくわしく解説します。
  7. [1]かれいは尾から頭へ向かって包丁で軽くこそげてウロコを取る。裏の白い方も同様にする。
  8. [2]エラブタを持ち上げ、指でエラをつまんで取り出す。
  9. [3]白いほうを表にして置き、胸ビレの下に斜めに3cmほど切り込みを入れる。切れ目から腹ワタを指でつまんで引き抜く。
  10. [4]腹の中もきれいに洗い、水気をよく拭き取る。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

98

コメント

8件のコメントがあります。

コメントする
かれいのから揚げ へのコメント

すだちをたくさんいただいたので作ります。

Tea jさん

グッド!

0

グリルだと焼きすぎたりトレーを洗うのが面倒ですが、テフロンのフライパンで少な目の油を使い、ウエスや新聞を入れた袋に冷めた油を捨ててフライパンはティッシュで拭いて洗えば楽です。粉を付け忘れて素揚げにすることもありますが、大丈夫です。油が飛ぶのでさっと入れて蓋をしています。

cbkさん

グッド!

2

母がよく作ってくれました!居酒屋さんでもよく頼む一品なので作ってみたいです。

くのーるさん

グッド!

3

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。