料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

豚バラ薄切り肉 レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • 筋肉量UP

    現在、膝の靭帯を怪我していてあまり運動量が多くありません。ですが筋肉量を上げたいです。でも、カロリーが高すぎたりする食事はなるべく避けたいです。ヘルシーかつ、タンパク質豊富なレシピを知りたいです。

  • 美味しいチャーハンの作り方

    う~んとうなずく程旨いチャーハンの作り方を教えて下さい、!

  • からすがれい煮つけ出来ました

     質問ではありません、調理方法のお礼です。  ようやく、からすがれい購入で出来ました。 以前藤壺さま、SLK350さまから、煮つけ方の御指南頂いた様に作ったところ、百貨店の地下売場の味とそれほど遜色ない仕上がりになりました。有難うございました。  これからは、酒、しょうゆ、みりん等の比率を参考にして、今まで貧弱な献立のレパートリーを少しづつ増やしていきます。

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!

≪塩分控えめ≫豚バラと白菜の重ね鍋 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

≪塩分控えめ≫豚バラと白菜の重ね鍋
調理時間
エネルギー
341kcal
塩分
1.5g
野菜摂取量
255g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

写真は9号(口径約27cm、高さ約8~9cm)の鍋を使用しています。

材料(4人分

豚バラ薄切り肉 300g
白菜 1/2株(1000g)
「お塩控えめの・ほんだし」商品ページへ 大さじ2
6カップ
しょうゆ 大さじ2
「やさしお」商品ページへ 小さじ1/2
白髪ねぎ 1本分
小ねぎ・小口切り 3本分
しょうがのせん切り 1/4かけ分

≪塩分控えめ≫豚バラと白菜の重ね鍋の作り方

(1)白菜は1枚ずつはがし、白菜と豚肉を交互に4回重ねる。5cm幅に切り、鍋のフチに沿って敷き詰める。これを3~4回繰り返す。

(2)「お塩控えめの・ほんだし」をまんべんなくふり入れ、Aを加えて火にかける。沸騰したらフタをして煮る。

(3)火が通ったら白髪ねぎ、小ねぎ、しょうがを混ぜ合わせたものを上に盛る。

*鍋が小さいと吹きこぼれることがあります。 鍋の大きさに合わせて、だし汁の量は加減してください。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

21

コメント

2件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

豚バラ薄切り肉を使ったレシピ

重ね鍋にチーズをのせておしゃれにアレンジ♪とろ~りチーズがたまらない!

もっと見る
このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 852件

おうちでピザ、つくる?
  • A.つくる!

    A
  • B.つくらないなぁ

    B

募集期間: 2017年11月15日 〜 2017年12月06日

コメントを見る

おうちでピザ、つくる?
≪塩分控えめ≫豚バラと白菜の重ね鍋 レシピ
≪塩分控えめ≫豚バラと白菜の重ね鍋
調理時間
エネルギー
341kcal
塩分
1.5g
野菜摂取量
255g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

材料(4人分
豚バラ薄切り肉 300g
白菜 1/2株(1000g)
「お塩控えめの・ほんだし」商品ページへ 大さじ2
6カップ
しょうゆ 大さじ2
「やさしお」商品ページへ 小さじ1/2
白髪ねぎ 1本分
小ねぎ・小口切り 3本分
しょうがのせん切り 1/4かけ分

材料クリックで 3 Smile

≪塩分控えめ≫豚バラと白菜の重ね鍋の作り方
  1. (1)白菜は1枚ずつはがし、白菜と豚肉を交互に4回重ねる。5cm幅に切り、鍋のフチに沿って敷き詰める。これを3~4回繰り返す。
  2. (2)「お塩控えめの・ほんだし」をまんべんなくふり入れ、Aを加えて火にかける。沸騰したらフタをして煮る。
  3. (3)火が通ったら白髪ねぎ、小ねぎ、しょうがを混ぜ合わせたものを上に盛る。
  4. *鍋が小さいと吹きこぼれることがあります。 鍋の大きさに合わせて、だし汁の量は加減してください。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

21

コメント

2件のコメントがあります。

コメントする
≪塩分控えめ≫豚バラと白菜の重ね鍋 へのコメント

食材、調味料を分量通りに入れ、余っていた少量のきのこ類(えのき、しめじ)を入れ作ってみました。おいし〜い‼︎冬の定番鍋になりそうです。シメの雑炊も文句なし‼︎

Rinorino50さん

グッド!

0

急に冷え込んできた時は作ります、簡単で量も確保できますしネ!。これと焼酎お湯割りで、ポッカ・ポッカ・・・!。

ozisan58さん

グッド!

1

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。