OPEN MENU

MENU

帆立とブロッコリーの辛味炒めの献立

合計 30分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 505 kcal
  • ・塩分 4.6 g
  • ・たんぱく質 28.9 g
  • ・野菜摂取量※ 153 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

帆立とブロッコリーの辛味炒め

20分

材料(4人分)

ボイル帆立貝柱
8個
小さじ2
しょうゆ
小さじ2
片栗粉
小さじ2
「瀬戸のほんじお」
少々
こしょう
少々
ブロッコリー
150g
エリンギ
100g
ねぎ
20g
しょうが
3g
「AJINOMOTO さらさらキャノーラ油健康プラス」
大さじ2
「Cook Do」熟成豆板醤
小さじ1(5g)
「丸鶏がらスープ」
小さじ1/4
60ml
大さじ1
「瀬戸のほんじお」
小さじ1/2
こしょう
少々
砂糖
少々
小さじ1
片栗粉
小さじ1

* 「Cook Do」熟成豆板醤 小さじ1は、チューブで8cm(約5g)です。

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    帆立はよく水気を拭き取り、Aで下味をつけておく。
  2. 2

    ブロッコリーは小房にし、色よくゆでる。エリンギは半分の長さに切り、
    タテ8等分にする。ねぎは1cm長さの斜め切り、しょうがは薄切りにする。
  3. 3

    フライパンに油大さじ1を熱し、(1)の帆立を焼き、取り出す。
  4. 4

    フライパンに油大さじ1を加えて熱し、「熟成豆板醤」を炒め、香りが出たら、
    (2)のねぎ・しょうがを加え、サッと炒め、(2)のエリンギ・ブロッコリーを炒める。
  5. 5

    (3)の帆立を戻し入れて炒め合わせ、「丸鶏がらスープ」、Bを一気に加え
    さらに炒め合わせ、Cの水溶き片栗粉でとろみをつける。

「帆立とブロッコリーの辛味炒め」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー139kcal
  • ・塩分1.9 g
  • ・たんぱく質12.9 g
  • ・野菜摂取量※43 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

にんじんとツナのごまみそだれ和え

10分

材料(2人分)

もやし
1/2袋
にら
1/2束
にんじん
50g
ツナ缶(ノンオイル)
1缶
「Cook Do」棒棒鶏用2人前
1袋

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    にらは5cm長さに切り、にんじんはせん切りにする。ツナは汁気をきっておく。
  2. 2

    耐熱ボウルに(1)のにんじん、もやし、(1)のにらを順にのせ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で2分ほど加熱する。
  3. 3

    粗熱が取れたら、(1)のツナ、「Cook Do」を加えてよく混ぜる。

「にんじんとツナのごまみそだれ和え」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー120kcal
  • ・塩分1.6 g
  • ・たんぱく質10.6 g
  • ・野菜摂取量※110 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

あっさり!中華スープもち

5分

材料(1人分)

2個
「クノール 中華スープ」
1食分
熱湯
160ml
小ねぎの小口切り
適量
刻みのり
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    餅は焦がさないようにふっくらと焼く。または電子レンジで加熱してやわらかくする。
  2. 2

    器に(1)の餅を盛り、「クノール 中華スープ」を加えて熱湯を注いで軽くかき混ぜ、小ねぎ、刻みのりを散らす。
  3. *お湯がはねることがありますので、くぼみを下にしてカップに入れてください。
  4. *調理時、飲用時の熱湯でのやけどには充分ご注意ください。

「あっさり!中華スープもち」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー246kcal
  • ・塩分1.1 g
  • ・たんぱく質5.4 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。