OPEN MENU

MENU

オムライスの献立

献立 45分 (時間外を除く)

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 742 kcal
  • ・塩分 5.0 g
  • ・たんぱく質 33.0 g
  • ・野菜摂取量※ 151 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

オムライス

30分

材料(2人分)

鶏むね肉
100g
玉ねぎ
1/2個
温かいご飯
300g
「味の素KKコンソメ」顆粒タイプ
小さじ1
トマトケチャップ
適量
4個
「瀬戸のほんじお」
適量
こしょう
適量
「AJINOMOTO サラダ油」
適量
バター
大さじ2
パセリ
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    鶏肉は1.5cm角に切り、塩・こしょう少々をふる。玉ねぎはみじん切りにする。
  2. 2

    フライパンに油小さじ1を熱し、(1)の鶏肉を炒める。焼き色がついたら、バター大さじ1、(1)の玉ねぎを加えてよく炒める。
  3. 3

    ご飯を加えて「コンソメ」をふり、混ぜながら炒める。トマトケチャップ大さじ2、塩・こしょう少々で味を調え、チキンライスを作る。
  4. 4

    小さめのボウルに卵2個を溶きほぐし、塩・こしょう少々を混ぜる。
  5. 5

    フライパンに油、バター各大さじ1/2を熱し、(4)の溶き卵を一気に流し入れて全体をサッと混ぜる。半熟状になったら(3)のチキンライスの半量を中央にのせ、両端からヘラで折り曲げる。
  6. 6

    フライパンの片側に寄せ、皿に返して盛りつける。トマトケチャップ少々をかけ、パセリを飾る。もう一つも同様に作る。
  7. *フライパンのフチを利用すると形よく整えられます。

「オムライス」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー637kcal
  • ・塩分2.6 g
  • ・たんぱく質29 g
  • ・野菜摂取量※50 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

春野菜のピクルス

15分 (時間外を除く)

材料(8人分)

ゆでたけのこ
150g
グリーンアスパラガス
6本(120g)
セロリ
30cm(90g)
パプリカ(赤)
80g
250ml
250ml
砂糖
大さじ5
「瀬戸のほんじお」
大さじ1
赤唐がらし・種を除く
1本
うま味調味料「味の素®」70g瓶
8ふり

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    鍋にAを入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めて冷ましピクルス液を作る。
  2. 2

    たけのこは1cm幅のくし形に切り、アスパラはハカマを取って3等分に切る。
    セロリはタテ半分に切り、1cm幅の斜め切りにする。
    パプリカはタテ1cm幅に切る。
  3. 3

    鍋に湯を沸かし、(2)のたけのこ・アスパラを1分ゆで、ザルに取って冷ます。
  4. 4

    密封できる袋に(3)、(2)のセロリ・パプリカを入れる。
    (1)のピクルス液を注ぎ入れ、空気を抜いて袋を閉じ、冷蔵庫で漬ける(時間外)。
  5. *液もれが気になる場合は、袋をさらに密閉容器に入れてください。
  6. *漬けた翌日から食べられます。

「春野菜のピクルス」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー33kcal
  • ・塩分1 g
  • ・たんぱく質1.2 g
  • ・野菜摂取量※51 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

追いほうれん草のポタージュ

5分

材料(1人分)

冷凍ほうれん草
50g
「クノール カップスープ」チーズ仕立てのほうれん草のポタージュ
1袋
熱湯
150ml

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    耐熱カップにほうれん草を入れてラップをかけずに、電子レンジ(600W)で1分加熱する。
  2. 2

    「クノール カップスープ」を加え、熱湯を注いで軽く混ぜる。
  3. *調理時、飲用時の熱湯でのやけどには、充分ご注意ください。

「追いほうれん草のポタージュ」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー72kcal
  • ・塩分1.4 g
  • ・たんぱく質2.8 g
  • ・野菜摂取量※50 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。