OPEN MENU

MENU

簡単ギョーザの献立

献立 45分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 486 kcal
  • ・塩分 5.6 g
  • ・たんぱく質 27.7 g
  • ・野菜摂取量※ 208 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

簡単ギョーザ

30分

材料(4人分)

豚ひき肉
200g
餃子の皮・小
40枚
キャベツ
1/2個(400g)
「瀬戸のほんじお」
小さじ1
「丸鶏がらスープ」
小さじ1
しょうがのすりおろし
1/2かけ分
小さじ2
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
小さじ2
しょうゆ
小さじ1
「AJINOMOTO サラダ油」
適量
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
適量
しょうゆ
大さじ3
大さじ1・1/2
みりん
大さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    キャベツはみじん切りにしてボウルに入れ、塩もみをする。水分がでてきたら水気をしぼる。
  2. 2

    別のボウルにひき肉を入れて粘りがでるまでよく練り、「丸鶏がらスープ」、Aを加えてさらに混ぜ、(1)のキャベツを合わせて具を作る。
  3. 3

    餃子の皮に(2)の具を等分にのせて包む。
  4. 4

    ホットプレートを高温で加熱して油をひき、(3)の餃子を並べて焼き、焼き色がついたら水を1/4の高さまで加えてフタをして4~5分蒸す。
  5. 5

    フタを開けて高温で水分をとばし、ごま油をたらしてカリッとしたら皿に取り出す。
  6. 6

    Bを混ぜ合わせてたれを作り、添える。
  7. *大人用のたれは、しょうゆカップ1/4、酢大さじ2、「AJINOMOTO ごま油好きのごま油」 小さじ1、「味の素®」少々、「Cook Do」熟成豆板醤またはラー油お好みの量を合わせてお作りください。

「簡単ギョーザ」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー338kcal
  • ・塩分3.6 g
  • ・たんぱく質16.8 g
  • ・野菜摂取量※86 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

ブロッコリーとトマトのねぎダレ和え

5分

材料(2人分)

ブロッコリー
1個
ミニトマト
4個
ねぎのみじん切り
10g
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
小さじ2
「瀬戸のほんじお」
ひとつまみ
こしょう
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    ブロッコリーは小房に分け、ミニトマトはタテ半分に切る。
  2. 2

    耐熱皿に(1)のブロッコリーを並べ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で1分30秒加熱する。
  3. 3

    ボウルにAを入れてよく混ぜ、(1)のミニトマト、(2)のブロッコリーを加えてあえる。
  4. *加熱時間は様子を見ながら調整してください。

「ブロッコリーとトマトのねぎダレ和え」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー77kcal
  • ・塩分0.5 g
  • ・たんぱく質3.9 g
  • ・野菜摂取量※99 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

鶏肉とたっぷりしめじの中華スープ

15分

材料(4人分)

しめじ
1パック
鶏むね肉
80g
大根
5cm(100g)
3カップ
「Cook Do 香味ペースト」
24cm(17g)
溶き卵
1個分
小ねぎの小口切り
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    しめじは根元を切って小房に分ける。大根は5cm長さの短冊切りにする。
    鶏肉はひと口大のそぎ切りにする。
  2. 2

    鍋にA、(1)のしめじ・大根を入れて火にかけ、沸騰したら(1)の鶏肉を加える。
    肉に火が通ったら、溶き卵を回し入れ、火を止める。
  3. 3

    器に盛り、小ねぎを散らす。

「鶏肉とたっぷりしめじの中華スープ」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー71kcal
  • ・塩分1.5 g
  • ・たんぱく質7 g
  • ・野菜摂取量※23 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。