OPEN MENU

MENU

包丁の使い方

包丁は正しい使い方をしないと危険です。
基本を覚えておきましょう。

包丁の選び方と名称

  • 包丁の選び方と名称
    包丁を選ぶときには、刃がまっすぐでゆがみがなく、持った時に柄のつけ根がしっかりと、なじみやすいものを選びましょう。

正しい姿勢

調理台との間はにぎりこぶしひとつ分をあけ、身体が安定するように両足を肩幅ぐらいに開いて立ちます。

包丁の持ち方

きれいに安全に切るコツは、力を抜いて軽く包丁を持ち、しっかりとにぎることです。

  • 包丁の持ち方
    人差し指と親指で、柄を手のひらで包むように持つ。
    人差し指を伸ばし、包丁のミネに当てて持ってもよい。
  • 包丁の持ち方
    左手は指を曲げて、材料を軽く押さえ包丁を支える。
    指を伸ばすと危険で、包丁も安定しない。
会員登録でもっと便利に

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。