OPEN MENU

MENU

キャンプ飯を気軽に楽しめる♪一押しグッズ紹介!

キャンプ飯を気軽に楽しめる♪一押しグッズ紹介!

2023/05/25

SHARE

自然のなか、自分の時間をゆっくり過ごすことができるレジャーとして人気を集める「キャンプ」。最近では、一人で楽しむ「ソロキャンプ」を始める人も増えてきました。しかし、「キャンプグッズの準備って大変そう……」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

そんなイメージを払拭したのが、100円ショップの「Seria」。

「Seria」では、ソロキャンプ向けを中心としたキャンプグッズを豊富に取り扱っているんです。今回は味の素社でもファンが多い「Seria」さんに、オススメのキャンプグッズや商品の開発秘話を伺いました。

記事の最後には、「Seria×味の素社」のオリジナルレシピもあるので、ぜひお試しくださいね!

インタビューした人

株式会社セリア 商品部 商品企画課

吉原 修さん

2002年に入社し、2006年から商品部に配属。バイヤーとして商品の仕入れ・開発に携わる。現在はキッチン用品とアウトドア用品を担当。趣味は食べ歩き。

インタビューした人

株式会社セリア 営業部 パブリック・リレーションズ課

大竹 莉那さん

主にメディア取材を担当。学研キッズネットとコラボした自由研究イベント「なぜなに科学工作チャレンジ」、「Seria」にまつわる川柳を募集する「セリアde川柳」のイベントも担当しています。趣味は推し活です。

インタビューした人

マーケティングデザインセンター コミュニケーションデザイン部 カスタマーサクセスグループ

瀧本 有加さん

「AJINOMOTO PARK」のPARK MAGAZINE担当。心と体の両面の健康を大切に、日々研鑽中。人とお話するのが大好き!

  1. 商品開発のキーワードは、「100円なら試してみようかな」
  2. キャンプグッズに力を入れ始めたのは、実は“偶然”だった!?
  3. 担当者がオススメする「Seria」の人気グッズ
  4. 「Seria×味の素社」コラボレシピ「やわらかジューシー!チキンガーリックソテー」
  5. 「Seria」で揃えたキャンプグッズで、キャンプ飯を楽しもう

01
商品開発のキーワードは、「100円なら試してみようかな」

取材はオンラインで実施しました

——まずは、「Seria」さんのキャンプグッズの特徴について教えてください。

吉原さん:とことん「100円」にこだわっているところでしょうか。「100円」で商品化しようと思うと、大きいものや重量があるものは難しい。「200円」「300円」と少しずつ価格をあげて販売する方法もありますが、「Seria」では一貫して「100円」にこだわっているんです。

この価格での販売を実現するため、小さくても価値を感じてもらえる商品作りに力を入れています。そのため、キャンプ用品の中でもソロキャンプに特化したものが多くなりました。

最近SNSで話題の「ソロトーチ」も、「Seria」のキャンプグッズならではの特長を兼ね揃えているんですよ。

——「ソロトーチ」とは、どんな商品ですか?

ソロトーチ

吉原さん:国産のひのきをくり抜いて作った、焚き火をするための商品です。一般的には「スウェーデントーチ」という名前で販売されているのですが、「Seria」のものはかなり小さいため、ソロキャンプ用として販売しています。

——だから「ソロ」トーチなのですね。

吉原さん:ソロといっても侮らないでください! スウェーデントーチと同じように焚き火が楽しめるのはもちろん、小さな鍋やフライパンを使った簡単な調理だってできるんですよ。

ここまで小さくて、かつ100円で購入できるトーチは、これまで市場に出回っていませんでした。そのため、発売当初は生産がまったく追いつかなかったほどの大人気商品となっています。本来は欠品しないように供給できるのがいいのですが、手作業で作っている商品も多いので、一気に人気が出ると需要と共有のバランスが崩れることがあるんです。

——手作業で作っているんですか!?

吉原さん:全部ではないですけどね。ちなみに、「ソロトーチ」も木のカットは手作業で行っています。

「Seria」では、ただ使うだけでなくて「やってみたい」「試してみたい」という生活者の方の興味をそそるような、体験型の商品開発を大事にしています。「こんなものまで商品化しちゃうんだ!」という、驚きを与えられると嬉しいですね。

——たしかに、100円で体験を買えるのは嬉しいし、試してみたくなります!ほかにも、話題になったキャンプグッズがあれば教えてください。

吉原さん:少しマニアックなのですが、テントのフレームが折れたときに応急処置をするためのパーツとか。「専門店に行かなければ見つからないものが、100円で手軽に試せる」ものは人気ですね。

テントフレーム応急処置パーツ

吉原:あとは、焚き火に投げ入れると炎が七色に変わる粉もSNSやブログで話題になりました。実用性は皆無なんですけど(笑)、「100円なら試してみたい!」と思っていただける商品の多さは、「Seria」の特長のひとつだと思いますね。

02
キャンプグッズに力を入れ始めたのは、実は“偶然”だった!?

——そもそも、「Seria」さんはなぜキャンプ用品の開発に力を入れはじめたのですか?

吉原さん:実は、力を入れることになったのは“偶然”なんです。

——偶然?どういうことでしょう。

吉原さん:以前から、キャンプグッズを販売したいとは考えていました。でも、100円で実現するとなると、かなりの制限がかかります。そのため、積極的な商品開発は行っていなかったんです。

そんな中、以前からお取引のあるメーカーさんから「これなら100円で作れるんじゃないか」と紹介していただいたのが「ファイアスターター」という商品でして……。

——ファイアスターター?

ファイアスターターは現在、仕様変更のために廃盤となっています。

吉原さん:マグネシウムの棒を、付属のバーで削って火をおこす道具です。金属製のマッチのようなものですね。これを試しに販売したところ、想像以上に売れて。

——どのくらい売れたのですか?

吉原さん:ざっくりですけど、想定していた10倍は売れましたね。

——10倍!すごい数ですね。

吉原さん:作った当初はこんなに売れると思っていなかったので、私たちも驚きました。しかも、発売から半年経っても、1年経っても売り上げが落ちないんです。

この様子から、生活者の方が「Seria」に求めているのは「気軽に体験ができる商品」なんじゃないかと思うようになり、キャンプグッズに力を入れ始めました。アウトドアコーナーを作るようになったのも、「ファイアスターター」のヒットを受けてなんです。

――そうだったんですね。最近は、キャンプグッズに力を入れている100円ショップも増えましたよね。

吉原さん:そうですね、でも私たちがキャンプグッズに力を入れはじめた2019年当時はまだ珍しかったようで。それであるとき、「『Seria』なら100円でキャンプグッズが買える!」とSNSで話題になったんです。

また、2020年に入ってからは、コロナ禍を背景にキャンプブームが起こりました。こうした、いろんなタイミングが重なって「キャンプグッズといえば『Seria』」と認識いただけるようになったのかな、と思います。

商品の幅広さでいうと、専門店には敵いませんが、「100円でもキャンプグッズが買えるんだ!」という驚きが、認知拡大につながっているようです。

03
担当者がオススメする「Seria」の人気グッズ

——おふたりが気に入っている「Seria」のキャンプグッズを教えてください!

大竹さん:私は4月に発売されたばかりの「卵型スパイスボトル」が気に入っています。その名の通り、卵の形をした容器に調味料を入れて持ち歩けるものなんですけど、別売りのエッグケースにぴったり収納できるんです!

卵型スパイスボトル

大竹さん:特にソロキャンプだと、卵を何個も持ち歩かないですよね。エッグケースに卵を1、2個入れて、空きスペースに調味料を入れる。そんな使い方ができるのが革新的だな、と思いました。

吉原さん:僕は「メスティンに入るクリアケース」をオススメしたいです!

メスティンに入るクリアケース

吉原さん:メスティンの見た目は、シンプルなお弁当箱。しかし、直接火にかけることができ、炊飯も蒸し料理もできるキャンプの必需品のひとつです。ただ、材料費の関係で、100円で販売することにこだわりがある「Seria」で製造することは難しい。

そこで、メスティン自体の製造ではなく、メスティンを活用した収納グッズを作ることにしたんです。メスティンには主要なサイズが何パターンかあるので、そのパターンごとに収納グッズのサイズも計算。いろんなサイズのメスティンにぴったり収まるよう、クリアケースを作りました。このケースを使えば、散らばりやすい小物や調味料をコンパクトにまとめて持ち歩けますよ。

——すごく便利ですね!まさに「かゆいところに手が届く」ような商品が多くて、生活者の方に寄り添ったコンテンツ作りを目指している編集部として勉強になるお話ばかりでした!

取材中は、たくさんの商品を紹介してもらいました!

04
「Seria×味の素社」コラボレシピ「やわらかジューシー!チキンガーリックソテー」

今回はなんと……「Seria」の「ミニ鉄板」を使って、味の素社のレシピ開発担当者がソロキャンプにピッタリなオリジナルレシピを作っちゃいました!

今回のレシピで使用する「Seria」の「ミニ鉄板」

材料&調理手順

材料(1人分)
鶏もも肉・から揚げ用
100g
にんにくの薄切り
1/2かけ分
「お肉やわらかの素®
小さじ1
「AJINOMOTO オリーブオイル」
小さじ2
ドライパセリ・好みで
少々
  1. 鶏肉は厚みを半分に切る。

  2. 密閉袋に(1)の鶏肉、にんにく、「お肉やわらかの素®」を入れてもみ込み、5分以上おく。

  3. ミニ鉄板に(2)のにんにく、オリーブオイルを熱し、(2)の鶏肉を皮目を下にして並べる。焼き色が付くまで焼いたら裏返し、同様に焼き、鶏肉に火が通ったら好みでパセリをふる。

    ※途中、にんにくがきつね色になったら取り出しておく。

05
「Seria」で揃えたキャンプグッズで、キャンプ飯を楽しもう

ソロキャンプに興味があるけど、一からグッズを揃えるのは大変。

そんなときは、ご近所の「Seria」に足を運んで、手軽にキャンプグッズを揃えてみてはいかがでしょうか。まずは自宅のお庭やベランダでソロキャンプ気分を味わうのもいいかも知れませんね。ぜひ、味の素社オリジナルレシピも試してみてください!

今回は、「Seria」さんとのコラボでお届けしました。今後、味の素社とコラボしてほしい企業がありましたら、アンケートフォームからぜひ教えてください♪

※記事内でご紹介した商品は、店舗によって取り扱い状況が変わります

SHARE

キーワードで探す

あわせてチェック