OPEN MENU

MENU

あじのごまだれ丼の献立

献立 45分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 639 kcal
  • ・塩分 4.3 g
  • ・たんぱく質 28.3 g
  • ・野菜摂取量※ 185 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

あじのごまだれ丼

20分

材料(2人分)

あじ
2尾
青じそ
2枚
しょうがのせん切り
1/2かけ分
ねぎ
4cm
ご飯
2杯(茶碗)
すり白ごま
大さじ2
しょうゆ
大さじ1
小さじ1
みりん
小さじ1
「ほんだし」
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    あじはエラ、ウロコを取り、頭と腹ワタを取ったら、充分に水洗いする。
    水気をよく拭き取り、三枚におろす。
  2. 2

    腹骨をすき取り、頭の方から皮をむく。小骨のある血合いに沿って包丁で切り離し、
    ひと口大のそぎ切りにする。
  3. 3

    青じそはタテ半分に切ってからせん切りにする。ねぎはせん切りにする。
    しょうがは水にさらし、水気をきる。
  4. 4

    ボウルにA、「ほんだし」を混ぜ合わせてたれを作り、(1)のあじを入れてからめる。
  5. 5

    丼にご飯をよそい、(4)を盛り、(3)の薬味をのせる。
    お好みでいり白ごまを散らす。

「あじのごまだれ丼」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー356kcal
  • ・塩分1.5 g
  • ・たんぱく質19 g
  • ・野菜摂取量※8 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

かぼちゃとにんじんの和風ツナマヨサラダ

15分

材料(4人分)

かぼちゃ
1/4個(400g)
にんじん
1/2本(100g)
ツナ油漬缶
1/2缶(40g)
「お塩控えめの・ほんだし」
小さじ1
「ピュアセレクト マヨネーズ」
大さじ3
「やさしお」
少々
こしょう
少々
リーフレタス
1/2枚

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    かぼちゃは種を取り、皮ごと7~8mm幅のひと口大に切る。にんじんは皮ごと4~5mm幅の半月切りにする。ツナは油をきる。
  2. 2

    耐熱容器に(1)のかぼちゃ・にんじんを入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分30秒~4分加熱してやわらかくする。
  3. 3

    大きめのボウルに(2)のかぼちゃ・にんじんを入れ、熱いうちにつぶす。「お塩控えめの・ほんだし」を加え、混ぜ合わせる。
  4. 4

    (3)の粗熱が取れたら、(1)のツナ、「ピュアセレクトマヨネーズ」を混ぜ合わせ、「やさしお」、こしょうで味を調える。
  5. 5

    器に盛り、リーフレタスを添える。

「かぼちゃとにんじんの和風ツナマヨサラダ」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー196kcal
  • ・塩分0.5 g
  • ・たんぱく質4.4 g
  • ・野菜摂取量※128 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

炒めピーマンと油あげのみそ汁

15分

材料(4人分)

ピーマン
2個
パプリカ(赤)
1個
油揚げ
1枚
4カップ
「お塩控えめの・ほんだし」
大さじ1
みそ
大さじ3・1/2
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
小さじ1
ラー油・好みで
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    ピーマン、パプリカはせん切りにする。油揚げは油抜きし、タテ半分に切ってから、せん切りにする。
  2. 2

    フライパンにごま油を熱し、(1)のピーマン・パプリカを入れて軽く炒める。
  3. 3

    鍋にAを入れて火にかけ、沸騰したら、(2)のピーマン・パプリカを加え、ひと煮立ちしたら、(1)の油揚げを加えて、弱火にし、みそを溶き入れる。
  4. 4

    器に盛り、好みでラー油をたらす。

「炒めピーマンと油あげのみそ汁」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー87kcal
  • ・塩分2.3 g
  • ・たんぱく質4.9 g
  • ・野菜摂取量※49 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。