OPEN MENU

MENU

温たま de チーポタリゾットの献立

献立 30分 (時間外を除く)

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 691 kcal
  • ・塩分 5.0 g
  • ・たんぱく質 25.7 g
  • ・野菜摂取量※ 137 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

温たま de チーポタリゾット

5分

材料(1人分)

ご飯
1/2杯(茶碗)(60g)
「クノール カップスープ」ポタージュ
1袋
熱湯
150ml
スライスチーズ(溶けるタイプ)
1枚
温泉卵
1個

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    マグカップに「クノール カップスープ」を入れる。
  2. 2

    (1)のマグカップに熱湯を注ぎ、すぐに15秒ほどかき混ぜる。
  3. 3

    ご飯、チーズ加えて軽くかき混ぜ、温泉卵をのせる。
  4. *150mlの目安はマグカップ6分目、コーヒーカップ8分目です。
  5. *調理時、飲用時の熱湯でのやけどには、充分ご注意ください。

「温たま de チーポタリゾット」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー296kcal
  • ・塩分1.9 g
  • ・たんぱく質13.4 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

グリーンアスパラのクリーム煮  

15分
このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    アスパラはかたい部分を切って4等分の長さに切る。1/4量をベーコンで巻いて
    楊枝で留める。同様にあと3本作る。
  2. 2

    フライパンに油を熱し、(1)を炒める。
  3. 3

    鍋にAを煮立て、煮立ったら弱火で2~3分煮る。(2)を加え、弱火で5~6分煮、
    塩、こしょうで味を調える。










「グリーンアスパラのクリーム煮  」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー344kcal
  • ・塩分2.1 g
  • ・たんぱく質11.2 g
  • ・野菜摂取量※40 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

夏野菜のころころピクルス

15分 (時間外を除く)

材料(4人分)

きゅうり
2本
「瀬戸のほんじお」
小さじ1/2
ミニトマト
12個(120g)
にんじん
1/2本(75g)
「味の素KKコンソメ」固形タイプ
1個
3/4カップ
3/4カップ
砂糖
大さじ6

*「味の素KKコンソメ」固形1個は、顆粒で小さじ2杯です。

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    きゅうりはタテ半分に切って2cm長さに切る。ポリ袋に入れて塩をまぶし、
    少しおいてしんなりしたら水気をしぼる。
  2. 2

    ミニトマトはヘタを取り、皮に十文字の切り込みを入れる。
    にんじんは1.5cm幅のいちょう切りにする。
  3. 3

    耐熱容器に「コンソメ」、水を入れ、ラップをかけて
    電子レンジ(600W)で1分30秒加熱して、粗熱を取る。
    酢、砂糖を加え、よく混ぜてピクルス液を作る。
  4. 4

    清潔な保存容器に(1)のきゅうり、(2)のミニトマト・にんじんを入れ、
    (3)のピクルス液をヒタヒタになるまで注ぎ、味がしみるまで漬ける(時間外)。
  5. *野菜から水分が出るので、ピクルス液が使えるのは1回限りです。
     野菜を追加しないようにしましょう。
  6. *ピクルスは清潔な箸、スプーンなどを使って取り出してください。
     冷蔵庫で1週間ほど保存できます。
  7. *ピクルス液に脂が浮くことがありますが、これは「コンソメ」由来のものです。
     品質に問題ございませんので、安心してそのままお召し上がりください。

「夏野菜のころころピクルス」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー51kcal
  • ・塩分1 g
  • ・たんぱく質1.1 g
  • ・野菜摂取量※97 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。