OPEN MENU

MENU

旬野菜便り♪食感と甘味を楽しむ☆アスパラ堪能のコツ

2022/05/05

SHARE

スーパーで季節ごとに変わっていく旬の野菜。季節感を味わえるだけでなく、栄養価も高いのです!こちらのコーナーでは、季節ごとに楽しみたい旬野菜の魅力を紹介します♪

春から夏にかけておいしいグリーンアスパラガス☆
アスパラの鮮やかな緑色は食卓を華やかにしてくれますよね!

今回は、アスパラを堪能する為のコツをたっぷりご紹介◎
アスパラをおいしくゆでるコツや上手な保存方法、おすすめレシピまで!旬のアスパラを味わいつくすコツが満載です♪

  1. アスパラの旬と選び方
  2. アスパラをおいしくゆでるコツ
  3. アスパラの保存方法
  4. アスパラのおすすめレシピ

01
アスパラの旬と選び方

アスパラの旬は3~7月頃!春から初夏にかけて楽しめるお野菜ですね。
選ぶ時は、緑色が鮮やかで穂先がキュッと締まっているもの、ハリがあって太くまっすぐに伸びているものを◎
下の切り口が乾燥しておらず、みずみずしいものが鮮度がいい証拠です☆

02
アスパラをおいしくゆでるコツ

ゆで加減が難しいアスパラ。失敗してしまいがちという方必見☆ちょうどいいやわらかさにゆでるコツをご紹介します。
食感よく仕上げるにはまず、下処理がポイント!
根元は両手で持ち硬い根元をポキッと折り、根元に近い皮とはかま(小さな三角の葉のようなもの)が硬いものは、ピーラーでむきましょう。

ゆでるときは根元だけ先に10秒ほど、時間差で全体をお湯に入れ、1分を目安にゆでると失敗しにくいですよ♪
切らずに長いままゆでることで、水溶性ビタミンが流れにくくなるのでおすすめです◎
ぜひアスパラの自然な甘みを味わってみてくださいね。

03
アスパラの保存方法

アスパラは鮮度が落ちやすい野菜。なるべく新鮮なうちに調理するとおいしく食べられますよ♪
すぐに食べないときは冷蔵保存、長期保存したいときは冷凍保存がおすすめ。

■冷蔵

乾燥を防ぐため新聞紙またはキッチンペーパーなどで包み冷蔵庫へ。縦向きに保存すると◎

■冷凍

硬めにゆでたアスパラを冷まして水気をとり、ラップに包んで冷凍庫へ。

05
アスパラのおすすめレシピ

食感を楽しむ!旬のアスパラを味わうレシピ

ここからは、アスパラのさわやかな香りや自然な甘みを堪能するレシピをご紹介します♪
アスパラをゆでるレシピでは、ぜひおいしくゆでるコツを試してみてくださいね。

お弁当のおかずにも◎おすすめ万能レシピ

アスパラのおかずは、お弁当に入れると一気に彩りアップ☆簡単に作れてごはんが進む!万能レシピをご紹介します。

アスパラで絶品&彩り抜群のみそ汁に◎

ソテーや和えものだけじゃない!みそ汁に入れてもおいしいんです♪おすすめのみそ汁レシピをご紹介します。

下処理とゆでるコツをおさえることで、失敗せずアスパラの食感を楽しむことができます!さまざまな料理を試して、旬のアスパラを味わってみてください♪

(参考文献)
・からだにおいしい野菜の便利帳(高橋書店 2008年)
JA「とれたて大百科」グリーンアスパラガス
参照日:2022-0406

SHARE

関連キーワード

あわせてチェック