OPEN MENU

MENU

フードロス削減「ころころスナック」大公開!~おうちのフードロス削減♪ みんなの実践編~

フードロス削減「ころころスナック」大公開~おうちのフードロス削減♪ みんなの実践編~

2022/12/28

SHARE

毎日料理を作るなかで野菜の切れ端や皮などを捨ててしまうとき、「もったいない!」と思うことってありますよね。

とはいえ、いわゆる捨ててしまいがちな部分を上手に使えるレシピなんて知らないし…。どうしたらおいしく食べられるのかもわからない。そんな人に「楽しくおいしく使い切る方法」を知ってもらいたくて、この企画を始めることにしました。

そこで、味の素社ではフードロスのことを「知る」だけでなく、おいしく、楽しく実践できるフードロス削減レシピを体験してもらうため、おうちでフードロス削減レシピにチャレンジしていただくキャンペーンを実施しました!

素材の特徴や、具体的なレシピをいくつか覚えてしまえば、誰だって「使い切りマスター」になれるはず!

今回は「AJINOMOTO PARK」オススメのフードロス削減レシピと、キャンペーンにご参加いただいたみなさんがご家庭でフードロス削減にチャレンジした様子をご紹介します♪

  1. もったいない!をなくして、楽しくおいしく使い切る!
  2. ころころスナックって?
  3. みなさんからいただいた作ってみた写真をご紹介!
  4. フードロス削減はもっと楽しく、おいしくできる!

01
もったいない!をなくして、楽しくおいしく使い切る!

日本のフードロスの量は、年間522万トン(令和2年度推計値)。日本人1人あたりに換算すると1年で約45kg!なんと毎日お茶碗1杯分に近い量の食材が廃棄されているんです。

限られた資源だからこそ、無駄なく使い切ることが大事です。余らせてしまいがちな食材も、「捨てたもんじゃない!」と捉えてみれば、きっとおうちにも環境にも「優しい」ことができるはず。

他にも「PARK MAGAZINE」では、どんな食材もまるごと無駄なく使い切るレシピや、実際に生活に取り入れられるフードロス削減のアイデアをご紹介しています♪

今回ご紹介するレシピは余りがちな野菜を使ったフードロス削減レシピ「ころころスナック」です!

02
ころころスナックって?

食材を無駄なく使い切るのって意外と大変。

そんな時には「ころころスナック」がオススメ!
捨ててしまいがちな野菜の皮まで丸ごと使えて、とってもおいしい一品に!手間もかからず、簡単にトライできます♪

おうちに使い切れない食材があったときは、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ころころスナックの作り方「うまじゃがカレー風味☆ころころスナック」

材料&調理手順

材料(2人分)
じゃがいも
1個(150g)
片栗粉
大さじ1
カレー粉
小さじ1/4
うま味調味料「味の素®」
4ふり
「瀬戸のほんじお」
少々
「AJINOMOTO サラダ油」
大さじ1
  1. じゃがいもは皮つきのまま、1~1.5cm角に切る。

  2. ポリ袋に(1)のじゃがいも、片栗粉を入れてシャカシャカとふり、片栗粉をまんべんなくまぶす。

  3. フライパンに油を入れて中火~弱火にかけ、(2)のじゃがいもを加えて4~5分揚げ焼きにする。

  4. カレー粉、「味の素®」、「瀬戸のほんじお」で味を調える。

03
みなさんからいただいた作ってみた写真をご紹介!

フードロス削減のアイデアはたくさんあるけれど、冷蔵庫に残った野菜で、手軽においしい1品は作れないか?そんな思いから「ころころスナック」のレシピは生まれました。

今回のキャンペーンでは「ころころスナック」をおうちで実際に作った様子をTwitterに投稿していただきました!

たくさん投稿いただき本当にありがとうございました。

投稿いただいたお写真の一部をご紹介します♪

とってもおいしそうな写真ばかりで、見ているだけお腹が空いてきますね!!盛り付けも素敵です♪
ご家庭で楽しくフードロス削減に取り組まれた様子が伝わってきます。
これからも、おいしく、楽しくフードロス削減にチャレンジしてもらえたら嬉しいです。

ご応募いただいたみなさん、ご参加ありがとうございました!

04
フードロス削減はもっと楽しく、おいしくできる!

いかがでしたか?

みなさんが楽しみながら「食」に向きあえる機会を作り出せるよう、味の素社は今後もフードロス削減の取り組みを実施していきます。環境に優しくて、家計にも優しい「フードロス削減レシピ」は、「捨てたもんじゃない!〜TOO GOOD TO WASTE」にてご紹介中です!併せて是非ご覧ください♪

SHARE

キーワードで探す

あわせてチェック