OPEN MENU

MENU

塩鶏香味コールスローの献立

献立 20分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 582 kcal
  • ・塩分 4.6 g
  • ・たんぱく質 23.6 g
  • ・野菜摂取量※ 125 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

塩鶏香味コールスロー

5分

材料(2人分)

塩鶏
1/2枚(100g)
レタス
1/3個(100g)
青じそ
4枚
みょうが
1個
「ピュアセレクト マヨネーズ」
大さじ3
こしょう
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    塩鶏は1cm幅の棒状に切り、レタス、青じそは5mm幅の細切りにする。みょうがはタテ半分に切ってから斜め薄切りにする。
  2. 2

    ボウルに(1)を入れて合わせ、「ピュアセレクトマヨネーズ」、こしょうを加えて混ぜる。
  3. *マヨネーズを混ぜてから時間がたつと、野菜から水分が出て水っぽくなるので、食べる直前に混ぜてください。
  4. 【塩鶏の作り方(作りやすい分量)】
  5. [1]鶏むね肉2枚(400g)は全体をフォークで刺して数ヶ所穴をあける。
  6. [2]「瀬戸のほんじお」または「やさしお」大さじ1/2(7.5g)・酒小さじ4・砂糖小さじ1をふりかけ、水分がほとんどなくなるまでもみ込み、形を長方形に整えながら、ラップでぴったりと二重に包む。
  7. *熱が伝わりやすいように、鶏肉をなるべく平らにして包んでください。
  8. [3]鍋に水カップ7を入れ、しっかりと沸騰したら[2]の鶏肉を皮目を下にして入れ、中火で3~5分ゆでる。
  9. *鶏肉の枚数を3~4枚に増やして作る場合は、2リットルにしてください。
  10. [4]火を止めてアルミホイルなどで落としぶたをし、鍋のフタをして、そのまま25分おいて冷ます。
  11. *鶏肉に厚みがある場合は[3]の時間を長めしてください。
  12. *冷蔵庫で4~5日保存できます。ラップを取らずに冷まし、そのまま袋に入れて保存してください。(使いかけの場合は、再びラップに包んでください。)

「塩鶏香味コールスロー」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー230kcal
  • ・塩分1.2 g
  • ・たんぱく質10.6 g
  • ・野菜摂取量※57 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

ドンっとカニカマ!スープかけ焼きおにぎり

5分

材料(1人分)

焼きおにぎり(冷凍)
1個
かに風味かまぼこ
2本(30g)
「クノール」ふんわりたまごスープ
1食分
160ml

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    焼きおにぎりは表示時間通りに電子レンジで加熱する。
  2. 2

    器に(1)の焼きおにぎりを入れ、「クノール ふんわりたまごスープ」、かに風味かまぼこをのせ、上から湯をかける。

「ドンっとカニカマ!スープかけ焼きおにぎり」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー219kcal
  • ・塩分2.9 g
  • ・たんぱく質8.4 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

油揚げの豆板醤炒め

15分

材料(2人分)

油揚げ
1枚
なす
1個(150g)
大さじ1
はちみつ
小さじ1
しょうゆ
小さじ1
「Cook Do」熟成豆板醤
小さじ1/4(1.25g)
「AJINOMOTO サラダ油」
小さじ2
ねぎの小口切り
適量

* 「Cook Do」熟成豆板醤 小さじ1は、チューブで8cm(約5g)です。

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    油揚げは食べやすい大きさに切る。なすはタテ半分に切って7~8mm幅の半月切りにする。
  2. 2

    フライパンに油を熱し、(1)のなすを入れて炒める。しんなりしてきたら、(1)の油揚げを加え、焼き色がつくまで炒め、混ぜ合わせたAを加えてさらに炒める。
  3. 3

    器に盛り、ねぎを散らす。

「油揚げの豆板醤炒め」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー133kcal
  • ・塩分0.5 g
  • ・たんぱく質4.6 g
  • ・野菜摂取量※68 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。