食材別の下ごしらえ・切り方

豚肉の下ごしらえ

スジ切り

  • 赤身と脂肪との境に白く半透明に走っているスジの部分に、包丁の刃先で3~4ヶ所つき刺すように切り込みを入れる。厚い肉なら裏側からも切り込みを入れる。

    ※切り込みが大きいと肉汁とうま味が出てしまうので、なるべく小さい切り込みにする。
    ※加熱する前にスジ切りをしておくと、肉が反り返ったり焼き縮んだりせずに、やわらかく仕上がる。

動画解説

ロース肉などでステーキ、ソテー、カツを作る時は、赤身と脂肪との境に白く半透明に走っている筋の部分に、包丁の刃先で3~4ヶ所つき刺すように切り込みを入れる。
厚い肉なら裏側からも切り込みを入れる。
切り込みが大きいと肉汁とうま味が出てしまうので、なるべく小さい切り込みにする。
加熱する前に筋切りをしておくと、肉が反り返ったり焼き縮んだりせずに、やわらかく仕上がる。

たたく

  • かたい肉やスジの多い肉は口当たりをよくするため、包丁の背で全体が均一の厚さになるようにたたき、繊維をつぶしてやわらかくする。火の通りもよくなり、短時間でムラなく加熱できる。

    ※たたきすぎると、こわれた組織から肉汁が出て、風味も歯ごたえもなくなってしまうので注意する。

動画解説

かたい肉や筋の多い肉は口当たりをよくするため、包丁の背で全体が均一の厚さになるようにたたき、繊維をつぶしてやわらかくする。
火の通りもよくなり、短時間でムラなく加熱できる。
たたきすぎると、こわれた組織から肉汁が出て、風味も歯ごたえもなくなってしまうので注意する。

pagetop
クリップ機能
について

クリップは、お気に入りのレシピを保存できる機能です。「AJINOMOTO PARK」会員の方はご利用いただけます。ログイン後にクリップしたレシピは、PCとスマートフォンなど異なる環境でアクセスをしても、ご覧いただくことができます。