OPEN MENU

MENU

鍋キューブ 大根、キャベツ、豚バラの保存方法

大根 丸ごと1本を購入した際の保存方法と上手な使い方

Point1

大根はみずみずしさを維持することが大事です。葉をつけたままにすると、根の水分や養分が奪われてしまうので、すぐに切り離して別々に保存します。

  • 1葉は根元から切り落とす
  • 2根は使いやすいように2つか3つに切り分ける

Point2

葉はラップで包んで野菜室で保存します。またはサッと塩ゆでにして細かく刻み、水気をよくふきとり、冷凍用保存袋に入れて空気をできるだけ抜いて冷凍しておくとチャーハンやみそ汁などのちょい足しに便利。冷凍したものは1か月を目安に使い切りましょう。

Point3

根はラップで包み、野菜室で保存します。切り口から乾燥しやすいのでぴったり包むようにしましょう。
大根は部位によって味や食感が違います。葉に近いほうは硬くて甘みが強いので生食に向いています。真ん中は柔らかく甘みと辛みのバランスがよいので万能です。根っこ側は辛みが強いので大根おろしが代表的です。

Point4

薄く切ったものは冷凍できます。水分をよくふきとって、冷凍用保存袋に入れて平らにし、空気をできるだけ抜いて冷凍します。用途に合わせて、いちょう切り、短冊切り、輪切りなどにするとさらに便利です。冷凍するとしんなりするので、凍ったままみそ汁やおでん、煮物などに使うとよいでしょう。大根おろしも冷凍できます。2-3週間を目安に使い切ります。

キャベツ 丸ごと1個を購入した際の保存方法と上手な使い方

Point1

丸ごとのまましばらく保存する時は、底にある芯をくり抜き、ぬらしたキッチンペーパーを詰めてポリ袋に入れ、野菜室で保存します。これは葉の成長を遅らせてかたくなるのを防ぐためです。キッチンペーパーは2~3日おきに取り替えましょう。

Point2

二等分、四等分にしたものを保存する時は、芯部分に切り込みをいれてから、ぴったりラップでくるんで野菜室で保存します。

Point3

カットしたものは傷みやすいです。早めに使えそうならば、さっと茹でて水気をよく切る、サラダ油などでさっと炒めるなど火をいれてから清潔な容器で保存し、汁物や炒めものに活用します。2-3日を目安に使い切ってください。

Point4

カットしたものは傷みやすいです。早めに使えそうにない場合は、思い切って冷凍しても。ただし、一度冷凍するとシャキシャキ感は失われるので、汁物や炒めものなどに使うことをおすすめします。(解凍せずに、凍ったまま料理に使います)1か月を目安に使い切りましょう。

豚バラ肉 ジャンボパックを購入した際の保存方法

Point1

一度に使い切れる分量に小分け、なるべく薄く平らにしてラップでぴったりと包み、さらに冷凍用密封保存袋に入れて冷凍しましょう。2-3週間を目安に使い切ります。

Point2

冷凍する時は、急速に冷凍することが大事です。「急速冷凍室」がベストですが、その機能がない場合は、金属製トレイの上に冷凍用保存袋に入れた肉をのせて冷凍庫に入れましょう。(完全に凍ったら金属製トレイは不要です)

Point3

一回分のバラ肉と下味用調味料を冷凍用保存袋に入れて軽くもみます。空気をできるだけ抜いて平らにし、冷凍することもできます。2-3週間を目安に使い切ってください。使うときは冷蔵室で解凍し、すみやかに調理します。

Point4

しゃぶしゃぶと茹でてから水気をふきとり、清潔な箸で清潔な容器に入れて保存することもできます。茹でることで余計な脂も落ちます。冷蔵保存で2-3日を目安に使い切ってください。

会員登録でもっと便利に

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。