OPEN MENU

MENU

さつまいもと豚ひき肉の道明寺蒸しの献立

献立 30分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 362 kcal
  • ・塩分 4.8 g
  • ・たんぱく質 23.9 g
  • ・野菜摂取量※ 237 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

さつまいもと豚ひき肉の道明寺蒸し

20分

材料(4人分)

さつまいも
100g
豚ひき肉
100g
道明寺粉
50g
キャベツ・2~3枚
100g
しょうがのみじん切り
大さじ1
ねぎのみじん切り
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
大さじ1
砂糖
大さじ1/2
「Cook Do」熟成豆板醤
小さじ11/2(7.5g)
しょうゆ
小さじ1

* 「Cook Do」熟成豆板醤 小さじ1は、チューブで8cm(約5g)です。

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    さつまいもは皮をむき、5mm角に切る。10分ほど水にさらし、
    ザルにとって水気をきる。
  2. 2

    キャベツは5cm角に切る。ラップをかけて電子レンジ(600W)で
    2分加熱し、ザルにとって水気をきる。
  3. 3

    ボウルにひき肉、道明寺粉、Aを入れて、ヘラで切るようにしっかりと混ぜる。
  4. 4

    耐熱容器(直径17cm)に、(2)のキャベツを敷き詰め、上に(3)を平らにのせる。
  5. 5

    (1)のさつまいもにしょうゆをまぶし、(4)の上に散らし、軽く押さえつける。
    ふんわりとラップをかけ、電子レンジで4分加熱する。
  6. 6

    全体を混ぜ合わせていただく。
  7. *さつまいもをれんこんに、キャベツを白菜に代えると違った味わいも楽しめます。
  8. *白ごまや黒ごまを上に飾ってもおいしくお召し上がりいただけます。

「さつまいもと豚ひき肉の道明寺蒸し」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー148kcal
  • ・塩分1.2 g
  • ・たんぱく質6.5 g
  • ・野菜摂取量※30 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

塩豆腐のピンチョス

5分

材料(1人分)

塩豆腐
1丁(300g)
きゅうり
1本
ミニトマト
6個(90g)

レシピ提供:味の素KK

つくり方

  1. 1

    きゅうりはピーラーで1.5cm幅の薄いリボン状にする。
  2. 2

    ミニトマトは半分に切り、塩豆腐は2cm角に切る。
  3. 3

    (2)のミニトマトを(1)のきゅうりで巻く。
  4. 4

    (2)の塩豆腐の上に(3)をのせ、ピックを刺して器に盛る。
  5. 【塩豆腐の作り方(作りやすい分量)】
  6. [1]絹ごし豆腐1丁の片面に「瀬戸のほんじお」小さじ1/3を均等にふり、全体にのばす。
  7. [2]皿にキッチンペーパーを敷き、[1]の豆腐を裏返し、
    もう片面にも同様に「瀬戸のほんじお」小さじ1/3をふる。
  8. [3][2]をキッチンペーパーで包み、乾燥しないように、皿にラップをかける。
  9. [4]冷蔵庫に入れ、1日おく。
  10. *豆腐から水分が出てきたら、水分を捨て、キッチンペーパーも取りかえましょう。

「塩豆腐のピンチョス」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー204kcal
  • ・塩分3 g
  • ・たんぱく質16.4 g
  • ・野菜摂取量※186 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

水菜とわかめのすまし汁

10分

材料(2人分)

水菜
1/4束(50g)
乾燥カットわかめ
小さじ3
11/2カップ
「ほんだし」
小さじ1/3
「やさしお」
小さじ1/6

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    水菜は3cm長さに切る。
  2. 2

    鍋にA、わかめを入れて火にかけ、沸騰したら、(1)の水菜を加えてサッと煮る。

「水菜とわかめのすまし汁」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー10kcal
  • ・塩分0.6 g
  • ・たんぱく質1 g
  • ・野菜摂取量※21 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。