OPEN MENU

MENU

かた焼きそうめんの献立

献立 40分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 620 kcal
  • ・塩分 4.8 g
  • ・たんぱく質 34.3 g
  • ・野菜摂取量※ 222 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

かた焼きそうめん

15分

材料(2人分)

そうめん
1束(50g)
干し桜えび
5g
小ねぎの小口切り
適量
「味の素KK干し貝柱スープ」
小さじ1/2
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
小さじ2
しょうゆ
小さじ1
「ピュアセレクト コクうま 65%カロリーカット」・お好みで
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    鍋に湯を沸かし、そうめんをゆで、冷水で塩分を洗い流すように洗う。
    ザルに上げて水気をよくきり、ごま油少々(分量外)をまぶす。
  2. 2

    ボウルに(1)のそうめん、A、「干し貝柱スープ」を入れ、
    全体にからむようによく混ぜる。
  3. 3

    フライパンにごま油小さじ1を熱し、(2)のそうめんを薄く広げる。
    弱火でじっくり焼き、焼き目がついたら裏返す。
  4. 4

    鍋肌からごま油小さじ1を加え、裏面も同様に焼く。
  5. 5

    両面に焼き目がついたら、しょうゆを小さじ1/2ずつ両面に塗り、
    香ばしい香りがするまでカリカリに焼く。
  6. 6

    食べやすい大きさに切って器に盛り、「コクうま」を添える。
  7. *カリカリになるように焼くのがポイントです。

「かた焼きそうめん」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー138kcal
  • ・塩分0.9 g
  • ・たんぱく質4.6 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

水菜と大根のサラダ

15分

材料(2人分)

水菜
75g
大根
100g
油揚げ
1枚
大さじ1
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
大さじ1
しょうゆ
大さじ1/2
みりん
小さじ1
うま味調味料「味の素®」
少々
こしょう
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    水菜は根元を切り落として4~5cm長さに切る。大根は4~5cm長さのせん切りにし、合わせて冷水にさらし、パリッとさせる。
  2. 2

    油揚げは熱湯をかけて油抜きし、水気をしぼる。焼き網で両面をこんがりと焼き、細切りにする。
  3. 3

    (1)の水気をしっかりきって(2)と混ぜ合わせ、器に盛り、混ぜ合わせておいたAをかける。

「水菜と大根のサラダ」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー147kcal
  • ・塩分0.7 g
  • ・たんぱく質4.8 g
  • ・野菜摂取量※77 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

白菜と豚肉のおかず椀

15分

材料(2人分)

豚肩ロース薄切り肉
150g
白菜
2枚(200g)
長ねぎ・正味
1/2本(50g)
にんじん・正味
4cm(40g)
2カップ
「ほんだし」
小さじ2
みそ
大さじ1・1/2
すり白ごま
大さじ2
2個

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    豚肉はひと口大に切る。白菜は葉と芯に分け、葉は食べやすい大きさに切り、芯は4cm長さ、3cm幅のそぎ切りにする。にんじんは4cm長さ、2cm幅の短冊切りにし、ねぎは5mm幅の斜め切りにする。
  2. 2

    鍋にA、(1)の白菜の芯を入れて火にかけ、煮立ったら、(1)の豚肉・白菜の葉・にんじん・ねぎを加え、アクを取りながら煮る。
  3. 3

    野菜がやわらかくなったら、みそを溶き入れて弱火にし、ごまを加え、卵を1個ずつ割り入れ、半熟状になるまで煮る。
  4. *みそは赤だしなどの豆みそがおすすめです。
  5. *仕上げにオイスターソースを加えてもおいしくお召し上がりいただけます。

「白菜と豚肉のおかず椀」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー335kcal
  • ・塩分3.2 g
  • ・たんぱく質24.9 g
  • ・野菜摂取量※145 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。