料理区分
ジャンル
調理法
人数

おせちの基礎知識

おせちのいわれ

おせち料理って何をそろえたらいいの?
おせち料理を重箱に詰めるとき、それぞれのお料理を詰める重が決まっています。
基本の形は一の重、二の重、三の重、与の重、五の重の五段。
家族の少なくなった現在では、二段重ね、多くて三段重ねが一般的になってきています。
一の重 祝い肴  関東は田作り・数の子・黒豆、関西は田作り・数の子・たたきごぼう
口取り (最初に出す料理のことで甘味のあるものや酒の肴になるもの)  栗きんとん、かまぼこ、きんかんの甘煮、伊達巻きなど
二の重 酢のもの  紅白なます、菊花かぶ、南蛮漬け、こはだの酢じめなど
三の重 煮物  れんこん、ごぼう、こんにゃく、にんじん、こんぶ巻き、しいたけなど
焼き物  ぶりの照り焼き、いかの松笠焼き、厚焼き卵など
おせち料理は地域や家の習慣などで違うもので、決まりはありません。
市販のかまぼこやえび、焼き豚などを取り混ぜて彩りよく詰めても豪華になります。
また、お重ではなく大皿や塗り盆に少しずつ盛ってもいいですね!
おせち料理のそれぞれのいわれについて教えて!
おせち料理は、家族の安全や健康を願って、縁起がよいとされているものを材料にふんだんに使っています。
田作り 豊年豊作祈願(昔は子いわしを刻み、灰に混ぜて田んぼの肥料にしていたことから)
数の子 子孫繁栄(子の数が多い)
黒豆 無病息災(「まめ」が丈夫・健康を意味していた)
たたきごぼう ごぼうが地に根をはることから、家や家業が安定しますように
栗きんとん 黄金色に輝く財宝に例えて、豊かな1年でありますように
れんこん 穴があいているので、見通しがききますように
里いも 小いもがたくさんできるので、子宝に恵まれますように
えび 長寿祈願(腰が曲がるまで長生きできますように)
昆布巻き 「よろこぶ」と同じ音なので、おめでたさを現す
なます 大根のように根をはって、家の土台がしっかりし、栄えますように
大根の白とにんじんの赤で紅白のおめでたさを現す

おせちの基礎知識TOPへ

この特集を見ている方は、こんな特集も見ています