料理区分
ジャンル
調理法
人数

オレンジページ オレペ大感謝まつりジュニア料理選手権結果発表

「あなたの気持ちを伝えたい料理」をテーマに、ジュニア料理選手権を開催。「個人部門」「親子部門」「団体部門」で募集を行い、各部門でグラ ンプリ1作品、準グランプリ2作品を決定しました。合計で約300の応募があり、受賞作品の決定までは「あじのもと探検隊」も参加した試食選考会、「AJINOMOTO PARK」会員によるWeb投票、そして2012年11月3日に開催したイベント「オレペ大感謝まつり」の来場者による最終投票と数多くの選考会を行いました。それでは、数々の選考会を乗り越えて受賞が決まった作品の発表です!

受賞作品一覧

グランプリ

個人部門

中学生、高校生一人による
レシピ立案、制作

  • 祖母から受け継ぐ「おっきりこみ」

    祖母から受け継ぐ「おっきりこみ」

    塩野向日葵さん

    誰のために作りましたか?

    家族のため

    祖母の作る「おっきりこみ」が幼い頃から大好きでした。具沢山で温かい「おっきりこみ」を家族みんなで食べているときが幸せです。大切な味だからこそ、祖母から受け継ぎたいと思いました。「郷土の味」の大切さを多くの人に感じて欲しいと思い作りました。

    このレシピはこちら

  • 鶏肉の和風ラザニア

    鶏肉の和風ラザニア

    永井優伎さん

    誰のために作りましたか?

    僧侶になる勉強をしている
    兄のため

    僧侶になる勉強をしている高校3年生の兄のため。一生懸命な兄を家族で応援しています。富山の地鶏と味噌を使っています。かんたんにできてボリューム満点のおかずです。家族みんなが美味しそうに食べているのを見るとき、ほのぼのとしたぬくもりを感じます。

    このレシピはこちら

  • 豆腐でヘルシーハンバーグ

    豆腐でヘルシーハンバーグ

    猪砂知里さん

    誰のために作りましたか?

    最近メタボを気にしている
    お父さん

    家族のためにがんばって働いてくれている父のため、感謝の気持ちを込めて考えました。最近メタボになってカロリーを気にし始めている父がダイエット中なので、豆腐、鶏ひき肉、ひじきといったヘルシーな食材を使い、お腹いっぱい食べてもらえるようなレシピにしました。

    このレシピはこちら

グランプリ

親子部門

小学生とその親、保護者
によるレシピ立案、制作

  • たっぷりナムルののっけご飯

    たっぷりナムルののっけご飯

    林麻里子さん、沙梨さん

    誰のために作りましたか?

    大阪に住んでいるおじいちゃん、
    おばあちゃんのため

    野菜が大好きな娘が、おじいちゃんが畑で作ったきゅうりをたっぷりつかった料理を作りました。食欲がないときでもさぱりと食べてもらえるようにタレも工夫しました。夏休みに大阪に泊まりに行った時に作ったメニューです。

    このレシピはこちら

  • ごま飯厚揚げ丼 タルタルソースをかけてどうぞ

    ごま飯厚揚げ丼
    タルタルソースをかけてどうぞ

    嶋村恵さん、茉莉さん

    誰のために作りましたか?

    野球大好きな父と弟のため

    毎週末、野球で疲れて帰ってくる父と弟へ。キャベツのようにみずみずしい体でプレーし、厚揚げのようにしなやかな手でボールを投げ、ネギのように細いバッドでもホームランを打ち、ご飯のように真っ白なホームベースを踏んで帰ってきてほしいという気持ち(茉莉)。
    これをたくさん食べて野球で疲れた体をリフレッシュしてほしい(母)。

    このレシピはこちら

  • 里芋とベーコンのグラタン風

    里芋とベーコンのグラタン風

    伊東敦子さん、祐弥さん

    誰のために作りましたか?

    野菜の嫌いな息子と娘のため

    今回、お手伝いをしてくれた長男は、野菜が嫌いなのですが、里芋だけは好物。里芋の料理は、煮物や汁物など和風のものばかりなので、なんとか洋風・グラタン風にアレンジしてみました。

    このレシピはこちら

グランプリ

団体部門

主に学校の料理部などの
部員どうしによる
合作レシピ立案、制作

  • 地元で採れたひじきシューマイ

    地元で採れたひじきシューマイ

    南房総市立白浜中学校
    生徒代表 林芙美さん

    誰のために作りましたか?

    地元の郷土料理を
    みんなに伝えたい

    私たちの住む南房総市白浜地区は、太平洋を臨む海の町です。幼いころから砂浜で遊び、磯で貝や海藻拾いをして育ちました。今回は、春にみんなで海で採ったひじきとホンダワラという海藻を使ってシューマイを作りました。海辺の町ならではの磯の味わいを全国の方々に食べていただきたいです。

    このレシピはこちら

  • 愛ディアハンバーグ

    愛ディアハンバーグ

    筑波大学付属中学校
    家庭科料理会 部長 吉田健人さん

    誰のために作りましたか?

    昨年まで家庭科研究会を
    支えてくれた先輩たちへ

    1つ上の先輩方は、部活愛がとても強く、今でもたまに助けにきてくれたり、アドバイスをくれたりします。そんな先輩方は、私たちの憧れです。先輩たちが好きなフルーツと、よく作ってくれたハンバーグを合わせてアレンジしました。ハート型のハンバーグと、パイナップルソースがポイントです。

    このレシピはこちら

  • スペアラブ〜梅ペーストを添えて〜

    スペアラブ〜梅ペーストを添えて〜

    麻布大学付属渕野辺高等学校
    家庭科部 権代未来さん、竹林千遥さん、
    桂真波さん

    誰のために作りましたか?

    お世話になっている顧問の先生(男性、独身、34歳、婚活中)のため

    先生が美味しいといってくれるように濃厚なスペアリブを愛情と時間をたっぷりかけて作りました。梅風味のタレをアクセントに仕上げてあります。日ごろの感謝の気持ちを込めて家庭科部員から先生へ、「ありがとう」と「早くいいひと見つけてね」の二つの気持ちを込めた渾身の一品です。

    このレシピはこちら

AJINOMOTO PARK賞 発表/「AJINOMOTO PARK」賞とは、惜しくもグランプリ受賞にはならなかった作品から、味の素KKが各部門より1作品ずつ特別に選びま した。
  • 【 個人部門 】和風ジェノバソースのピーチ生春巻き 大島佑香さん( 15歳/愛知県)

    生春巻きにあまり入れないフルーツ、桃の缶詰を入れたところ。ジェノバソースも香りがよくしつこくならないように生のバジルの葉から作りました。

  • 【 親子部門 】プレゼントテリーヌ 鈴木ひとみさん( 42歳/神奈川県)蒼路くん(7 歳)

    2 層のテリーヌの上にサーモンやプチトマトでリボンをデザインしたあと、コンソメゼリーを流し込んで固めました。

  • 【 団体部門 】皆でワイワイ秋風ロコモコプレート 東京都立東大和南高等学校 家庭科部 代表 松本裕佳里さん( 17歳/東京都)

    家庭科部の7名がそれぞれの好物を選びプレートごはんにしました。全員が大好きなハンバーグはとびきり大きなサイズで作ったところです。