OPEN MENU

MENU

トリュフ2種

トリュフ2種(生クリームを使ったレシピ)
90 分

(時間外を除く)

生クリームや生クリームを使った人気のデザート・菓子レシピです。

つくり方

  1. 1

    仕上げ用チョコレートは包丁でこまかく刻み、ふるいにかけ、チョコレートの粉を25g取っておく。ガナッシュ用のチョコレートはこまかく刻む。
  2. 2

    ブランデー風味のトリュフを作る。鍋に生クリームを入れて沸騰直前まで温め、(1)のガナッシュ用チョコレートに加えて泡立て器で混ぜる。
  3. 3

    (2)にブランデーを加えて、さらに混ぜる。
  4. 4

    小さめのボウルに入れ、冷蔵庫で5時間位冷やし固める(時間外)。
  5. 5

    湯でぬらしたくり抜き器で丸く抜き、バットに並べる。
  6. 6

    ボウルに(1)の仕上げ用チョコレートを入れ、湯せんにかけて40℃位で溶かす。
  7. 7

    水を入れたボウルに(6)のボウルをあて、混ぜながら35℃位にし、(1)のチョコレートの粉を加えて、さらに混ぜ、32℃にする。
  8. 8

    (5)のくり抜いたチョコレートに(7)のチョコレートを手でころがしながら、表面につける(下がけ)。
  9. 9

    さらに(8)をチョコレートフォークに刺し、再度(7)のチョコレートにくぐらせ、ココアを広げたバットに入れて、全体にココアをまぶす。
  10. 10

    ミルクトリュフも同様に作る。仕上げは粉糖をまぶしたり、ピスタチオを飾る。
  11. *ブランデー風味のトリュフ・ミルクトリュフ、それぞれ25個ずつ出来る分量です。
  12. *トリュフに模様を描く場合、円すい形に丸めたクッキングシートに溶けた仕上げ用チョコレートを入れ、しぼり出します。
  13. *「ガナッシュ」とは液体状にしたチョコレートに生クリームを加えたものです。
  14. *仕上げ用チョコレートは作りやすい分量を記載しているので、多めにチョコレートが残ります。
  15. *残ったチョコレートの使い方1:残ったチョコレートはそのままボウル内で壁にはわす様に薄くのばし、乾いたところではがし、割りながらいただいてもよいです。
  16. *残ったチョコレートの使い方2:残ったチョコレートにローストしたナッツを入れて、スプーンで形を整え、固めるとナッツチョコになります。
  17. *残ったチョコレートの使い方3:アルミカップにチョコレートを流し入れ、3分ほどおき、チョコレートをもどして冷やし固め、チョコカップを作ります。その中にガナッシュを入れてもよいでしょう。

栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー431 kcal
  • ・塩分0.1 g
  • ・たんぱく質5.1 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

関連するレシピ

こちらもおすすめ

カテゴリからさがす

最近チェックしたページ

保存したページ

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。