“旬を三回楽しむ国”  きゃべつ・アスパラ・なすのレシピ特集

“旬を三回楽しむ国”  きゃべつ・アスパラ・なすのレシピ特集

日本では、野菜の旬を収穫時期によって「走り」「盛り」「名残」の三つに細分化しています。その季節にしか巡り会えない食材を心待ちにし、旬の食材を喜んで、いただく。四季が明確な日本だからこそ育まれた食文化です。今回は、「きゃべつ」「アスパラ」「なす」の旬を三回楽しむ、おいしい食べ方をご紹介します。
きゃべつ
きゃべつ
きゃべつ

きゃべつの「走り(3~4月頃)」は水分が多いため、みずみずしさを味わえるサラダなどがおすすめ!
水分が落ち着いてくる「盛り(4~5月頃)」の時期にはスープや揚げ物など幅広いメニューで楽しめます。水分が少なくなる「名残(5~6月頃)」の時期には、炒め物が特におすすめです。

アスパラ
アスパラ
アスパラ

アスパラの「走り(3~4月頃)」は水分が多くやわらかいため、ゆでずに炒めるのが特におすすめ!水分が落ち着く「盛り(4~5月頃)」の時期にはサラダから炒め物など幅広いメニューで楽しめます。水分が少なくなる「名残(5~6月頃)」の時期には、茹でて楽しむのがおすすめ!

なす
なす
なす

なすの「走り(3~4月頃)」は水分が多く皮も柔らかいため、皮付きのまま炒めものや揚げ物がおすすめ。「盛り(4~5月頃)」の時期は、なすのおいしさがぐっと増す時期。味がしっかり入り、火の通りも早い乱切りにした炒め物がおすすめです。水分が少なくなる「名残(5~6月頃)」の時期にはスープや煮物がおすすめです。

pagetop
クリップ機能
について

クリップは、お気に入りのレシピを保存できる機能です。AJINOMOTO PARK会員の方はご利用いただけます。ログイン後にクリップしたレシピは、PCとスマートフォンなど異なる環境でアクセスをしても、ご覧いただくことができます。