料理区分
ジャンル
調理法
人数

きんめだいの煮つけ

  • レシピ
  • 手順がわかる料理の工程
  • もっとおいしく作るポイント
  • 見て覚える動画レッスン

魚の煮つけをおいしく仕上げるポイント

魚の生臭さを出さないようするポイントは、煮立った煮汁の中に入れて中火で煮ること。
煮汁の温度を高くすることで早く煮上がり、身もパサつきません。
また、たっぷりの煮汁でゆっくり煮ることで味がしみ込み、おいしく仕上がります!

おいしく仕上げる煮汁のポイント

煮汁は、水を入れる前にしょうゆ・砂糖を煮立たせることがポイント!
しょうゆのアミノ酸と砂糖の糖を反応させることで、味のベースができて
味に厚みのあるおいしい煮汁になります。

落としぶたをして煮汁をしみ込ませる

落としぶたをして煮ることで、煮汁が全体にいきわたります。
アルミホイルやクッキングシートでも代用できます。その場合、鍋の口径よりもひと回り小さい円形に切って、中央に穴を開けます。
木製の落としぶたを使用する場合は、魚のくさみがつかないようにしばらく水につけておいてから使いましょう。

照りが出るまで煮上げる

煮汁に照りが出ると味に深みが出て、おいしく仕上がります!

煮つけにおすすめの魚の種類

かれいなどの白身魚でもおいしい煮つけができます。
お好みの魚で作ってみましょう。
この特集を見ている方は、こんな特集も見ています