妊婦さん向け食事特集

妊婦さん向け食事特集

赤ちゃんができたら、まずは食事の見直しを♪
妊婦さんの食事は、主食(ご飯・パン・麺類)を中心に、主菜(肉・魚・卵・大豆製品を使った料理)と 副菜(野菜・いも・海藻を使ったサブの料理)を組み合わせてバランスよく食べることがポイントです!
また、塩分を取りすぎないことも大切。

こちらでは、食事で気をつけたいことや摂りたい栄養素など、さまざまな体の変化に合わせて妊娠初期・中期・後期別におすすめのレシピ特集を集めました!

※医師から指示がある場合は、病院の管理栄養士の栄養指導に従ってください。
※妊娠中は、一般の人よりも細菌やウイルスに感染しやすいことも。ナチュラルチーズや生ハム、スモークサーモン、肉や魚のパテなどの妊娠中に避けた方が良い食べ物を確認して期限内に使い切る、食べる前に十分に加熱をするなど、衛生管理を心がけましょう。

参考文献
厚生労働省 妊娠中と産後の食事について

~初期篇~

~初期篇~
~初期篇~

○妊娠を望む人や妊娠がわかった人は「葉酸」を積極的にとりましょう☆
おなかの赤ちゃんの体の基礎が作られる大事な時期。葉酸は赤ちゃんの成長を助ける働きがあります。

▶葉酸たっぷり食材活用レシピ特集

~中期篇~

~中期篇~
~中期篇~

○赤ちゃん、そしてお母さんの体のために「鉄」を意識的に取り入れよう。
妊娠中は赤ちゃんの成長を支えるために、普段よりも多くの鉄が必要とされています。毎食1品は鉄を多くとれるメニューを取り入れましょう。

▶鉄たっぷり食材活用レシピ特集

~後期篇①~

~後期篇①~
~後期篇①~

○多くの妊婦さんが悩まされるお通じトラブル!水分と食物繊維をとり、適度な運動を☆
子宮が大きくなると腸が圧迫されて便が出にくくなることも。たっぷりの水分と食物繊維を十分にとりましょう。

▶食物繊維がとれる食材活用レシピ特集

~後期篇②~

~後期篇②~
~後期篇②~

○1日の適正量は6.5g! 賢く減塩をしよう。
摂取エネルギーが増える分、塩分オーバーになりやすいのが妊娠後期。
塩分の摂りすぎによって、足が重たく感じる方も。
うま味の強い食材や減塩調味料を上手に使用して減塩を心がけましょう。

▶味の素KKのおいしい減塩のススメ
▶「やさしお」を使っておいしく減塩!
▶味の決め手はうま味調味料!おいしく減塩レシピ特集☆

pagetop
レシピ保存機能
について

レシピ保存は、お気に入りのレシピを保存できる機能です。AJINOMOTO PARK会員の方はご利用いただけます。ログイン後に保存したレシピは、PCとスマートフォンなど異なる環境でアクセスをしても、ご覧いただくことができます。