OPEN MENU

MENU

葉酸たっぷり食材活用レシピ特集

葉酸たっぷり食材活用レシピ特集

葉酸はビタミンB₁₂と共に新しい赤血球を作り出すのを助ける栄養素です。また、細胞の増殖と深い関係にあり、妊婦さんや乳幼児、成長期のお子さまに特に大切とされています。
緑黄色野菜やアボカド、レバーなどに多く含まれていますが、水に溶けやすい水溶性ビタミンなので、茹でるとゆで汁に多くが流れ出てしまいます…。加熱する場合は、水を使わない電子レンジ調理や油炒めがおすすめです☆
※医師から指示がある場合は、病院の管理栄養士の栄養指導に従ってください。

参考文献
・栄養の基本がわかる図解事典
 成美堂出版 監修者:中村丁次 発行者:深見公子
・厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版)

ほうれん草

定番のお浸し、和え物、炒め物、など幅広く楽しめます。お浸しやあえ物は、電子レンジ調理で葉酸を無駄なくとることができます♪アクの少ないサラダほうれん草は生食として◎

アスパラガス

素材そのものの甘味やジューシーな食感を生かして、シンプルな調理法がおすすめ!卵やチーズ、マヨネーズなどとも相性が良く、オムレツやグラタン、リゾットやパスタなどのメイン料理にもよく合います。

ブロッコリー

ごま和えやおかか和えなどの和風からコンソメ・カレーなどどんな調味料とも相性抜群!スープに加えれば、葉酸も賢くとることができます♪

アボカド

サラダやサンドイッチなど加熱せずに食べられるアボカドは、葉酸をまるごととることができます。トマトやえびなどの赤色食材と合わせれば彩りも◎

レバー

特に鶏レバーに葉酸が多く含まれています。 定番のレバニラ炒めやつくだ煮のほか、トマトソースやカレー粉と合わせるのもおすすめ。香りの強い食材と合わせることでレバー独特のにおいも気になりません。

関連キーワード

SHARE

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。