料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

牛もも薄切り肉 レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • 味噌汁

    毎朝の味噌汁がマンネリ化しています。どんな具が良いでしょうか?毎朝の事なので困って居ます。美味しい味噌汁の具をお願いします

  • 結局使ってない調理家電

    私は今冷凍庫の整理のためにフードシーラー(自分で真空パックにできる機械)が欲しいのですが、買っても結局使わないのではないか?いやでも使ってみないとわからないし、便利そうだし、真空パックにすると日保ちするようになるらしいし。 という感じで大いに迷っています。 もちろん無理しなくても買えるんですが、使わないものにお金をかけるのってものすごく悔しい気持ちになりますよね。 いつか使うだろうとしまっておいても常になにかモヤモヤしたものを感じ続けるような気がしますし! 人によって使う使わないがあるとは思いますが、フードシーラーに限らず、買ったけど結局使ってない調理家電てありますか? 電気で動くもので、買ったけどイメージと違った!など使ってない調理家電とその理由もあわせて教えてください。

  • 梅干しを使ったレシピ

    熱中症対策に梅干しを使ったレシピを作りたいです。レシピ大百科で知ったジャコと梅干しの炒飯がお気に入りでよく作るのですが、その他おすすめを教えて下さい。

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!
  • 「ほんだし」でサッと煮るだけ!「野菜のだし煮」作って!写して!キャンペーン第2弾

すき焼き(関東風) レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

すき焼き(関東風)
調理時間
エネルギー
488kcal
塩分
3.2g
野菜摂取量
159g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(2人分

牛もも薄切り肉 200g
ねぎ 2本
春菊 1束
しらたき 1玉(200g)
焼き豆腐 1/2丁
1カップ
「ほんだし こんぶだし」商品ページへ 小さじ1(3g)
みりん 大さじ3
しょうゆ 大さじ3
大さじ2
砂糖 大さじ1
2個
牛脂 適量

すき焼き(関東風)の作り方

(1)牛肉は大きければ2~3等分に切る。ねぎは斜め切りにする。春菊は葉先を摘む。

(2)しらたきは水からゆで、沸騰したら5分ほどゆでて水に取る。水気をよくきり、食べやすいように包丁を2~3ヶ所に入れる。

(3)焼き豆腐をタテ2等分に切り、食べやすい大きさのやっこに切る。

(4)鍋に水を入れて沸騰させ、「こんぶだし」、Aを加えて割り下を作っておく。

(5)すき焼き鍋を熱し、牛脂をよく溶かしてねぎ少々を入れて香りを出し、牛肉をサッと焼き、(4)の割り下を加え、好みの加減に煮て卵をつけて食べる。その他の材料も、割り下を加えながら、食べる量ずつ加えて煮る。

*関西風の煮方は、まず牛肉を焼いて砂糖をふり、しょうゆを加えて汁気が煮詰まったら、 だし(水と「こんぶだし」)で適宜に薄めながら味を調えます。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

173

コメント

7件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

牛もも薄切り肉を使ったレシピ

「CooK Do」青椒肉絲用を使えば簡単にシェフの味!

もっと見る
このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 216件

今、どっちのこんにゃくが食べたい?
  • A.煮物

    A
  • B.田楽

    B

募集期間: 2017年05月24日 〜 2017年05月31日

コメントを見る

今、どっちのこんにゃくが食べたい?
すき焼き(関東風) レシピ
すき焼き(関東風)
調理時間
エネルギー
488kcal
塩分
3.2g
野菜摂取量
159g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(2人分
牛もも薄切り肉 200g
ねぎ 2本
春菊 1束
しらたき 1玉(200g)
焼き豆腐 1/2丁
1カップ
「ほんだし こんぶだし」商品ページへ 小さじ1(3g)
みりん 大さじ3
しょうゆ 大さじ3
大さじ2
砂糖 大さじ1
2個
牛脂 適量

材料クリックで 3 Smile

すき焼き(関東風)の作り方
  1. (1)牛肉は大きければ2~3等分に切る。ねぎは斜め切りにする。春菊は葉先を摘む。
  2. (2)しらたきは水からゆで、沸騰したら5分ほどゆでて水に取る。水気をよくきり、食べやすいように包丁を2~3ヶ所に入れる。
  3. (3)焼き豆腐をタテ2等分に切り、食べやすい大きさのやっこに切る。
  4. (4)鍋に水を入れて沸騰させ、「こんぶだし」、Aを加えて割り下を作っておく。
  5. (5)すき焼き鍋を熱し、牛脂をよく溶かしてねぎ少々を入れて香りを出し、牛肉をサッと焼き、(4)の割り下を加え、好みの加減に煮て卵をつけて食べる。その他の材料も、割り下を加えながら、食べる量ずつ加えて煮る。
  6. *関西風の煮方は、まず牛肉を焼いて砂糖をふり、しょうゆを加えて汁気が煮詰まったら、 だし(水と「こんぶだし」)で適宜に薄めながら味を調えます。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

173

コメント

7件のコメントがあります。

コメントする
すき焼き(関東風) へのコメント

今までは市販の割り下を使っていましたが、このレシピのもので十分美味しくいただけました。

きみくん22さん

グッド!

1

先に肉を焼く関西風すき焼きより、肉を煮る感じの関東風すき焼きのほうが食べ慣れています。寒い時期は鍋物が恋しくなりますが、中でもすき焼きは憧れです。今度、奮発してわが家でもやってみます。

名古屋のテッチャンさん

グッド!

1

関西人なので、割下味のすき焼きは新鮮でした。

あじいちもんめさん

グッド!

0

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。