料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

豚バラ薄切り肉 レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • お餅の消費

    お正月に親戚がついたお餅を毎年頂きます。しかし量が多くて食べきれずに一年中冷凍庫にある状態です…。食べ方もワンパターンでなかなか主人や子供が食べてくれないのですが、いいアイデアはありませんか?

  • 玉子焼きの味付けで悩んでます

    弁当に必ず玉子焼きを入れるのですが、だし巻き・オムレツ・砂糖と醤油で味付けの繰り返しです。具材を入れず卵だけで焼きたいので、無理を言いますが宜しくお願いします。

  • 鼻づまりに効くもの

    冬になると何故か鼻がつまります。 寝るときなんか静まり返った家の中で、私のつまった鼻息がチューバッカのあの形容しがたい「ンカーッ」だか「クホーッ」だかの声に似た音がします。 そういえばと思い出したのが、風邪のときのハチミツ大根汁や、喉が痛いときの梅干しほうじ茶など。あれってかなり効きますよね!\(^o^)/ 鼻がつまったときこれ食べてますというのが、何かありましたら気軽に教えてください。 病院行けのご回答は親切が身にしみれどもここでは大丈夫です。あくまで身近な食材でのことを、茶飲み話的なものとして伺えれば楽しい・嬉しいです(*^^*) 何かありましたら、どうぞよろしくお願いいたします!

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!
  • あなたの好きな味はどれ?「クノール スープDELI」6個セットプレゼントキャンペーン

豚バラと白菜の重ね鍋 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

豚肉と白菜を重ねたかんたん鍋!「ほんだし」が味の決め手です。

豚バラと白菜の重ね鍋
調理時間
エネルギー
338kcal
塩分
2.3g
野菜摂取量
255g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

調理時間5分

写真は9号(口径約27cm、高さ約8~9cm)の鍋を使用しています。

  関連特集:白菜活用術
「食のQ&A」関連質問:水炊きには白菜?キャベツ?

材料(4人分

豚バラ薄切り肉 300g
白菜 1/2株(1000g)
「ほんだし」商品ページへ 大さじ2
カップ6
しょうゆ 大さじ2
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/2
白髪ねぎ 1本分
万能ねぎの小口切り 3本分
しょうがのせん切り 1/4かけ分

豚バラと白菜の重ね鍋の作り方

(1)白菜は1枚ずつはがし、白菜と豚肉を交互に4回重ねる。5cm幅に切り、鍋のフチに沿って敷き詰める。これを3~4回繰り返す。

(2)「ほんだし」をまんべんなくふり入れ、Aを加えて火にかける。沸騰したらフタをして煮る。

(3)火が通ったら白髪ねぎ、万能ねぎ、しょうがを混ぜ合わせたものを上に盛る。

*鍋が小さいと吹きこぼれることがあります。
 鍋の大きさに合わせて、だし汁の量は加減してください。

*鍋のシメには、「シメのお餅」、「シメうどん」、「シメ雑炊」がおすすめです。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

1797

コメント

334件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

「ほんだし」のご紹介

「ほんだし」を使ったレシピはこちら!

「ほんだし」のCMで話題の絶品汁。 お肉や野菜がたっぷり入っていて、これ...

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 2,165件

料理教室、行ったことある?
  • ある

    A
  • ない

    B

コメントを見る

料理教室、行ったことある?
豚バラと白菜の重ね鍋 レシピ
豚バラと白菜の重ね鍋
調理時間
エネルギー
338kcal
塩分
2.3g
野菜摂取量
255g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
豚バラ薄切り肉 300g
白菜 1/2株(1000g)
「ほんだし」商品ページへ 大さじ2
カップ6
しょうゆ 大さじ2
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/2
白髪ねぎ 1本分
万能ねぎの小口切り 3本分
しょうがのせん切り 1/4かけ分

材料クリックで 3 Smile

豚バラと白菜の重ね鍋の作り方
  1. (1)白菜は1枚ずつはがし、白菜と豚肉を交互に4回重ねる。
       5cm幅に切り、鍋のフチに沿って敷き詰める。これを3~4回繰り返す。
  2. (2)「ほんだし」をまんべんなくふり入れ、Aを加えて火にかける。
       沸騰したらフタをして煮る。
  3. (3)火が通ったら白髪ねぎ、万能ねぎ、しょうがを混ぜ合わせたものを上に盛る。

    *鍋が小さいと吹きこぼれることがあります。
     鍋の大きさに合わせて、だし汁の量は加減してください。

    *鍋のシメには、「シメのお餅」、「シメうどん」、「シメ雑炊」がおすすめです。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

1797

コメント

334件のコメントがあります。

コメントする
豚バラと白菜の重ね鍋 へのコメント

美味しかったので何度も作りました。ただ1シーズンに4回目になった時にはさすがに飽きがきてしまいました(^^; また来年楽しみます。

CCCCC78さん

グッド!

2

簡単で美味しい!!
生姜も入れるとからだの芯から温まります。(*^^*)

食べ歩き大好きさん

グッド!

1

冬になるといつも作ります
ネギ2種としょうが!次に作るときはぜひプラスしてみます

バニラ81さん

グッド!

2

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。