卵とニガウリの焼きうどん

プリント
卵とニガウリの焼きうどん(冷凍うどん+ゴーヤを使ったレシピ)

「ほんだし いりこだし」を使うと肉なしでも美味しく作れます。

調理時間 15

栄養情報 (1人分)
  • ・エネルギー 444 kcal
  • ・たんぱく質 13.5 g
  • ・塩分 3.8 g
  • ・野菜摂取量 53 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

材料 (2人分)

冷凍うどん
2玉
2個
A砂糖
少々
A「瀬戸のほんじお」
少々
ゴーヤ・ニガウリ
1/2本
「ほんだし いりこだし」
小さじ1/2
「瀬戸のほんじお」
少々
ウスターソース
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
花かつお
適量
「AJINOMOTO サラダ油」
大さじ2

つくり方

  1. 1

    ボウルに卵を溶きほぐし、Aで味つけする。フライパンに油大さじ1を熱し、
    半熟のいり卵を作り、皿に取る。
  2. 2

    ゴーヤは種とワタを取って5mm幅の薄切りにして、サッとゆでておく。
    うどんは熱湯でゆで、水気をきっておく。
  3. 3

    フライパンに油大さじ1を熱し、(2)のゴーヤを軽く炒め、(2)のうどんを加える。
    「いりこだし」をふり入れて塩をし、ウスターソース、しょうゆを回し入れ
    さらによく炒める。(1)のいり卵を戻し入れ軽く混ぜて器に盛り、花がつおをのせる。
  4. *ウスターソースと「ほんだし いりこだし」の相性はよく、香りを引き立てます。
レシピ提供:味の素㈱
pagetop
クリップ機能
について

クリップは、お気に入りのレシピを保存できる機能です。AJINOMOTO PARK会員の方はご利用いただけます。ログイン後にクリップしたレシピは、PCとスマートフォンなど異なる環境でアクセスをしても、ご覧いただくことができます。